FC2ブログ
思いつ記

プロフィール

usi

  • Author:usi
  • 地下牧場「思いつ記」へようこそ



メニュー













単行本



電子書籍



Twitter



最新のコメント

  • 06/24:usi

  • 06/20:るかやか

  • 05/08:usi

  • 05/04:るかやか

  • 07/11:usi



メールフォーム

ご意見、ご感想などなどございましたら お気軽にお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

閲覧頂き、ありがとうございます。 管理者:usi



最近の記事



最近のトラックバック



拍手コメント一覧



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



当ブログについて

当ブログには
成年向けコンテンツが
含まれておりますので、
未成年者の閲覧を
禁止いたしております。
18歳以上で、学生でなく、
性的描写に嫌悪を
お持ちでない方のみが
閲覧可能といたしております。

当ブログへのリンク
についてはコチラ↓



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ

月間アーカイブ



カテゴリー



カンフーハッスル
★★★☆☆
カンフーハッスル コレクターズ・エディション
街のチンピラ、 冷酷無情なギャング団“斧頭会”、等々が、それぞれの理由で貧困地区の豚小屋砦に目をつけ、一騒動・・・・といった感じのお話。
正直、冷静に見てて、小生には誰が主人公なのか分かりませんでした。
役者さんや監督さんなどに詳しい人にはチャウ・シンチー、という所でOKのようです・・・・
話はベタ(なのかな?)で結構「ハァ?」という展開で流れていきます。
何もかも、中途半端というか、コレといった理屈が薄く、シナリオ重視される方には見るに耐えないものかと・・・・・
が、それを求めること事態が、この作品では間違いだと思います。
はじめ、冷酷無情なギャング団と言う触れ込みから、その団体に強いやつがいて・・・・となるのかなぁと思っていたら、出るわ出るわ、それ以上の強いやつ、濃いキャラ達。
そいつより強いこいつ、コイツより強いあいつ、実はあいつより強いこの人・・・・と強いキャラのインフレ状態。
もともとが、コメディーなので、そのノリで充分笑えてよかったのですが、個人的には、もっとばかばかしい展開、シチュエーションを期待しておりました。
監督個人の趣味的な部分ブルースリーに対するオマージュや他の映画のパロは、分かるし面白かったのですが、そのために、もっと思い切ったばかばかしさが出来たのに!!と言うところをハズシテル気もしないでもないです。
ノスタルジー的な事を、正直あまり好まない小生としては、少し残念。
面白かったです。単純に見れてばかばかしくて・・・・しかし、そのばかばかしさ、もう一歩踏み込んで、ばかばかしく行って欲しかった。といったところでした。
で、どうしても「少林寺サッカー」と比べられてしまうこの作品ですが、完全に好みで分かれるだけ、な感じでした。
小生の好みは今作のほうかなぁ・・・・
ただ、結構なファンとかじゃないと後々まで残るような作品ではなく、笑い飛ばしてすっきり、といったモノなので、見る順番とかでも変わってきそうですね。

この記事に対するコメント
ふーむ、そうなのか~
るーちぇは「少林サッカー」は、ラスト近くになると、涙ドバーッ状態に陥るのがすきなんですが(笑)、「カンフー…」はもっとドライな感じなんですかね。
まあ、何でもかんでも泣かせにしてしまう邦画喜劇的な話は、私も好きでは無いんですが、馬鹿馬鹿しさを際立たせるためには、何かそのラインから外したポイントが必要な気がします。アイスクリームにウェハース、みたいな(そういえば最近見ないな、そのカップリング)
強いキャラのインフレというのは、よほど上手く作らないと、もともと何でも有りなだけに最後は不感症になりそうですね。
【2005/08/17 02:35】 URL | るーちぇ #M3kLPE06 [ 編集]


もともとが「コメディーです」と言うのがありきな部分は「少林寺サッカー」と同じですよね^^
しかし、少林寺とサッカーと言う組み合わせを超えることはなかなか難しいのではないか、と思ってしまう作品でした。
昔のジャッキー「酔拳」とかの頃のノリが好きな方には良かったかもしれませんです。
ただ、オマージュが過ぎて、もっとばかばかしさが、あっても良かったのじゃないかなぁ・・・・とも思えました。
今作では涙なシーンは無かったですね^^
るーちぇさんのおっしゃる通り、「少林寺サッカー」に比べるとドライだったと思います。
強いキャラのインフレはそれも含めギャグとして取れなくも無かったのですが、もともと一番強いとされるキャラが何処の何者かが、分からないので、まぁ何とかなってる感じでした。
はじめは、多人数相手に一歩も引かない拳の達人、
その上は暗殺専門の鎌イタチ使いの術者
それを超えるのが、超必殺技と言うべき業を使う拳法マスター
またまた、それを超えるのが・・・・と言う風にインフレが起こります。
が、それを退屈しないように見せる工夫は結構良くできてました。
こ、コイツがそうなの!!と驚かされたり・・・・・
【2005/08/17 04:39】 URL | usi #3eQvvr92 [ 編集]

う~ん、あんまりか~
実は前作がかなり大ウケだったので、この作品もレンタルですが観ようと思ってます。
usiさんの映画感想、読みものとしてとても面白いです( ^ ^ )
【2005/08/27 16:44】 URL | maychang #AGI7I832 [ 編集]


笑う事が目的という事がはっきりしていれば、この監督さんの作品はいけると思います。
笑いの映画だからいい加減、という事は無く、しっかりした完成度を保ちつつ、作品を完成させておりますです。
前作でOKでしたら、今作もいけるかもしれません。
ただ、前作と比較してしまうと、面白みが半減してしまうかもです。
笑いの質がちょっと違う気がしますので・・・

>usiさんの映画感想、読みものとしてとても面白いです( ^ ^ )
うはぁぁぁ!!う、うれしいです!!!!
ありがとうございます。
いつも書いていて、独りよがりの分になってるんじゃないかなぁ~と、びくびくしております。
ので、とてもとても、うれしいです。
もう、ほんとにありがとうございますです!!
【2005/08/27 17:15】 URL | usi #3eQvvr92 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://usiero.blog11.fc2.com/tb.php/82-3f1ccba3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

DVDで『カンフーハッスル』観ました!

▼夏期休暇前にDVDを購入してあったんですが、結局休み中には観られませんでした うずまき中華 blog【2005/08/17 14:06】