FC2ブログ
思いつ記

プロフィール

usi

  • Author:usi
  • 地下牧場「思いつ記」へようこそ



メニュー













単行本



電子書籍



Twitter



最新のコメント

  • 06/24:usi

  • 06/20:るかやか

  • 05/08:usi

  • 05/04:るかやか

  • 07/11:usi



メールフォーム

ご意見、ご感想などなどございましたら お気軽にお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

閲覧頂き、ありがとうございます。 管理者:usi



最近の記事



最近のトラックバック



拍手コメント一覧



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



当ブログについて

当ブログには
成年向けコンテンツが
含まれておりますので、
未成年者の閲覧を
禁止いたしております。
18歳以上で、学生でなく、
性的描写に嫌悪を
お持ちでない方のみが
閲覧可能といたしております。

当ブログへのリンク
についてはコチラ↓



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ

月間アーカイブ



カテゴリー



デビルマン
★★☆☆☆
デビルマン
ある普通の青年がデーモンと呼ばれる生命体と合体した事によって、悪魔に肉体と人間の心をもってしまいデビルマンとして活躍する。と言う話。
見る前から、かなりの酷評を見聞きしてました。
ので、どれほどのものなのか?と思い、逆の期待をして見ました。
はじめの方は、ん?言われてるほど酷いものではないのでは・・・・と思った小生が間抜けでした。
時間が経つにつれ、腹の底からむかむかするものが・・・・・
他の方の評価を見ていると、原作を気にしすぎて、と見えたので、小生は、原作とはなるべく比較せずに見ようと思いました。
で、一本の映画としてみた場合、そこまで酷いのか?と、見極めようと・・・・
皆さんが言ってる意味が、見て初めて分かりました。
原作に比べてとか、解釈の仕方が、とか二の次でした。
まず、やる気あるのか?と思ってしまうメインキャストの面々。
特に主人公とその友人。
棒読みセリフの酷い事・・・・
ほとんど、どのような感情でその演技をしているのか分かりません。
何故、あのような人物にやらせてしまったのか、謎です。
ストーリーは、原作にそう形にしようとして失敗。
アレだけの原作をこの時間でやるのは始めから無理、という意見もちらほら見ますが、いやいやいや・・・・始めから客に分からせようとしてないのでは?とおもう構成。謎です。
それぞれのカットを、部分的に撮って組み合わせただけの感じで、流れとか、キャラクターの感情のゆれとか、流れるものが流れてなかったので、気持ち悪かったです。
撮影技術も、照明の失敗なのか、妙に意味も無く、合成っぽくなってる所が目立ったり、急に画質が悪くなったり・・・違和感しか残りませんでした。謎です。
雨の日に襲撃にあい、青空のもと連行されていったり、最後の決戦で教会にいたはずが、どこだココ?と言う場面で戦ってたり・・・・謎です。
VFX、特にCG場面、お!!と思わせてくれる所もあったのですが、それらのほとんどは、キャラクターにあまり動きが無い部分。
肝心の戦闘シーンになると、動きの所為というか見せ方の所為と言うか
PS2でのムービーってこのくらい出来るんだね、というような出来な感じが・・・・・
わざわざ出したシレーヌ・ジンメンも何のために出したの?と言う扱い。
同じショッピングモールで何シーンも使いまわし、説明不足で不自然としか思えない展開の目白押し。
BGMにも盛り上がる曲を使うでもなく、印象に残るような曲も皆無。
正直、★一つかなぁ・・・とも思いましたが、映画を映画として楽しむ所の外で楽しめたので★2つにしました。
この作品は、監督がこの手の話をどこか馬鹿にしてる感じがしました。
スゲーの撮ってやるぜ!!という意気込みより、決まったものはしょうがない、とにかく撮って完成させよう、という雰囲気がしてしまいます。
監督さんが、こんな絵が撮りたい!!という構想が出来てないまま撮ったのではないのかなぁ・・・・
もしかして、もしかしてですよ・・・・狙いで、笑いをメインに考えていたのかも・・・・角度を変えてみれば、なかなか笑える作品でしたから・・・・

この記事に対するコメント

ああ・・・・ついにこの作品を見てしまいましたね・・・・・・

DVDみてて、途中で見る気なくなって、寝たのはこの作品が初めてです。
ある意味、人生で出会った、最も最悪な映画かもw(製作に関わった人にはわるいけど、かねかかった同人映画としかいえず、プロとは言えない仕事っぷりですね。と・・・いいたいw)
【2005/07/27 02:04】 URL | 松坂剛志 #- [ 編集]


はい^^ついに見てしまいました。
前々から見ようと思っていたのですが、なかなかレンタルが開いてくれず、ずっと借りられっぱなしでした。
ようやく、見れた!!と言う感じでした。
この映画、人生最低映画として、認定されてる方、多いですね。
分かりますが^^
もともと、あの監督にこの題材でとらせてしまう東映の体質がいかがなものかと・・・・
優秀な特撮スタッフ、有望な人材、多々いたでしょうに・・・・
特撮部門をなめてるんですよね、日本の映画会社は・・・・
10億円も制作費かけて・・・もったいない・・・
【2005/07/27 11:33】 URL | usi #3eQvvr92 [ 編集]

やっぱり
見事なまでの駄作だった様子…お疲れ様でした…。
アゼン( ´゚д゚`) ~~且_(・ω・`;) マァ コレデモノンデ…

この作品、俺はまだ見てないんですが、
これの前に世に出た『キャシャーン実写化』を見てしまい……
これには手を出すまいと心に決めてますw

俺の中のキャシャーンの思い出を、
おもいきり土足で踏みにじられたあのショック。
それを『デビルマン』でも味わうなんて俺には耐えられない…。
_| ̄|....((○  コロコロ

噂によれば、この『デビルマン』が駄作になった陰には、
ある暴君プロデューサーの大暴走があったらしいですね。
監督はおろか編集作業にまでチャチャ入れてくるらしいです。
その暴君ぶりは、制作費大損大ハズレ映画『北京原人』で窺い知る事が出来ます…。

あぁ……頼むから、日本映画史上に汚点を残すようなマネだけはしないでくれ…
頼むから。・゚・(ノД`)・゚・
【2005/07/28 03:59】 URL | 谷 #/CqJHN7I [ 編集]


「キャシャーン」ですか。小生も見ました。
あの作品は、「キャシャーン」を名乗らなくても良かったんじゃないかなぁ・・・・と思っていますです。
でも、何かしら分かりやすい記号がないと、企画って通らないのでしょうね。
特に、古い体質の映画会社だと、頭固いと言いますか、違う方向に頑固でしょうから・・・・
「デビルマン」の駄作ぶりはお見事ですよ^^
色々な駄作説があるのですが、http://howaan.hp.infoseek.co.jp/このようなサイトが出来てしまっているのも、興味を惹きました。
この国だと、子供向け、と位置付けるものを、年配の方達は嫌う傾向があると思います。
ので、どこか馬鹿にしてしまうんでしょうね。
そのことが、フィルムに出てしまってる感じなのですよ。
もう、ココが最悪なところで、「キャシャーン」はまだ、出来の程は別にしても、フィルムに作り手の愛がいくらかでもあるように感じますが、「デビルマン」は、これが皆無です。
そんな、ままで完成させてしまったことが、哀しいです。
【2005/07/28 09:32】 URL | usi #3eQvvr92 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://usiero.blog11.fc2.com/tb.php/64-59a49de0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)