FC2ブログ
思いつ記

プロフィール

usi

  • Author:usi
  • 地下牧場「思いつ記」へようこそ



メニュー













単行本



電子書籍



Twitter



最新のコメント

  • 06/24:usi

  • 06/20:るかやか

  • 05/08:usi

  • 05/04:るかやか

  • 07/11:usi



メールフォーム

ご意見、ご感想などなどございましたら お気軽にお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

閲覧頂き、ありがとうございます。 管理者:usi



最近の記事



最近のトラックバック



拍手コメント一覧



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



当ブログについて

当ブログには
成年向けコンテンツが
含まれておりますので、
未成年者の閲覧を
禁止いたしております。
18歳以上で、学生でなく、
性的描写に嫌悪を
お持ちでない方のみが
閲覧可能といたしております。

当ブログへのリンク
についてはコチラ↓



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ

月間アーカイブ



カテゴリー



海猿
★★★★☆
海猿 スタンダード・エディション
海上保安庁の話・・・
淡白な書きかたですが、一言で言えばこうじゃないかと思います。
といっても、海上保安庁の中身など知らなかった小生には、
なかなか楽しめました。
演出、というか、撮り方なのかな・・・が、
踊る大走査線のスタッフがやってるだけあって、
随所にその片鱗が見て取れた感じがします。
小生はこのテイストが嫌いじゃないので、良かったです。
時折、古臭いような所とか、青春っぽ過ぎと思う所もありましたが
それを差し引いても、面白かったです。

「続きを読む」からはネタバレありです。
主人公のバディーが死ぬとは思いませんでした。
死ぬシーンの演出もこてこてで、いかがなものか・・・・
と、思わないでもなかったですが、
小生が歳をとっただけですかね・・・結構来るものがありました。
そのバディーが救助しようとした人も助からなかった、
というのが、ちょっと臨場感あった気がします。
「踊る」を思わせるとこに、カメラワークや演出以外にシナリオも
あったと思いますが、流れ上、まぁそうなるだろうなという、
最後の査問会のシーンもあったと思います。
で、小生としては、「踊る」の感覚で見ていたので、
この査問会では、教官が何らかの罰を受けることで、
ちょっとした切なさを残して終わるのだろうと踏んでいました。
が、あの事故を、訓練というやり方で
回避するとは思いませんでした。
逆に、そうする事で、物語に深みが出たように感じてしまったのは
小生が歳をとった所為・・・?
単純に見れば、良くあるパターンに
見えてしまうとも思うのですがね・・・

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://usiero.blog11.fc2.com/tb.php/6-8769edec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)