FC2ブログ
思いつ記

プロフィール

usi

  • Author:usi
  • 地下牧場「思いつ記」へようこそ



メニュー













単行本



電子書籍



Twitter



最新のコメント

  • 06/24:usi

  • 06/20:るかやか

  • 05/08:usi

  • 05/04:るかやか

  • 07/11:usi



メールフォーム

ご意見、ご感想などなどございましたら お気軽にお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

閲覧頂き、ありがとうございます。 管理者:usi



最近の記事



最近のトラックバック



拍手コメント一覧



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



当ブログについて

当ブログには
成年向けコンテンツが
含まれておりますので、
未成年者の閲覧を
禁止いたしております。
18歳以上で、学生でなく、
性的描写に嫌悪を
お持ちでない方のみが
閲覧可能といたしております。

当ブログへのリンク
についてはコチラ↓



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ

月間アーカイブ



カテゴリー



愛人アパート
宅急便で届きまして…
ウチはよく通販などを利用するので
今回もその類かなと思っていたのですが
献本が来ました。
調べてみると6月17日に販売との事で…
告知です。
愛人アパート
『愛人アパート』の単行本です。
今回からエンジェル出版名義でも
今までの物より一回り大きいサイズのコミックになっております。
A5版サイズのものは初めてではありませんが
エンジェル出版名義は初めてです。
中身を見てまず思ったのは…
初回の巻頭カラー掲載のモノがそのままカラー掲載ではないですか!!!
今までコミック化されたモノは
その中身もカラー印刷という事はありませんでした。
なのでこれは感激です。
それとエンジェル出版出の初としては帯付きというのもありました。
ありがたやぁ~

さてこのタイトルから…というわけでもないのですが
それでもかなり意識してエロ度を強めました。
しかしやはり毎回思うことなのですが
もっとあれもこれも描いてみたかったというのはありますですね。
お話しを綴っていく形の漫画である以上
どうしても…せめて設定だけでも描かなきゃいけないわけで
男と女がいてエロい事してます…だけじゃ
まぁ成り立たないもので…
それを考えるとどうしても制限って出てきて
結果ああ…そういえばあれも描きたかったな…
という事が出てきてしまいます。
しかしこれがまた次回に!!となる
いい原動力にもなってるとも思えるようになりました。



とりあえずこのコミック用に書き下ろしたモノを
「続き」の記事に張って置きます。
電子版だと服を着せた物が表紙になったりしてるので
その差分などを…
hyooooooooodenn.jpg
↑電子版用の物です
おっぱいとか下着とかが隠れるようにしてます。
電子版は成人向けとしての販売ではないようです。
なので消しがかなりきついです。
hyooooooooowa.jpg
↑成人マーク付用の紙媒体用のモノです
こちらは成人マーク付なのでおっぱいとか下着とか出てもOKになってます。
むしろ出せ!!的に言われてます。
uuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuraaaa.jpg
裏表紙です。
といっても…確かピザッツの表紙に小さく載っているカットを使った物だったかもしれません。

この記事に対するコメント

お疲れ様です。
「愛人アパート」、購入&拝読致しました。
常々、usiさんのカラーページを単行本でも…と思っていましたので、今回の冒頭に収録されていたのは有り難かったです。
内容的にもエロさ増&女性陣3名それぞれに魅力的だったこともあり、もっと読みたいと思える程に満足感があります。
(とはいえ、あとがきで書かれていたように、ここで区切りとなっているからこそのまとまり感でもあると思いますので悩ましいですねw)
また、単行本のサイズが大きかったのも嬉しいポイントでした。
【2016/06/20 00:21】 URL | るかやか #- [ 編集]


■るかやかさん
ありがとうございます。
るかやかさんに色つきの原稿の件でコメントいただけると
ありがたいというか恐れ多い気のしますが
率直なところ嬉しい限りです。
この話しは少し意識してエロ度を上げました。
この話しの前の段階では雑誌的に右往左往がありまして
どういう方向性がいいのか正直図りかねるところがありまして
この話しに取り掛かるときは方針も固まりつつあったので
比較的方向性は決めやすかったと思います。
石原テープと言われる騒動から
やたらピザッツの単行本をねらった指定を喰らったりなどで
雑誌単位での方向性とかがフワフワしていたんですよね
なので今回それらを整理して
きっちりこうしようと定めた後の作画着手だったのが
描いていて良かったと思うところでした。
【2016/06/24 18:13】 URL | usi #3eQvvr92 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://usiero.blog11.fc2.com/tb.php/563-c44f3c70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)