FC2ブログ
思いつ記

プロフィール

usi

  • Author:usi
  • 地下牧場「思いつ記」へようこそ



メニュー













単行本



電子書籍



Twitter



最新のコメント

  • 06/24:usi

  • 06/20:るかやか

  • 05/08:usi

  • 05/04:るかやか

  • 07/11:usi



メールフォーム

ご意見、ご感想などなどございましたら お気軽にお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

閲覧頂き、ありがとうございます。 管理者:usi



最近の記事



最近のトラックバック



拍手コメント一覧



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



当ブログについて

当ブログには
成年向けコンテンツが
含まれておりますので、
未成年者の閲覧を
禁止いたしております。
18歳以上で、学生でなく、
性的描写に嫌悪を
お持ちでない方のみが
閲覧可能といたしております。

当ブログへのリンク
についてはコチラ↓



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ

月間アーカイブ



カテゴリー



週刊漫画TIMES 8/15号
ココのところ暑くて…暑くて…
できる事なら外に出たくない状態です…
が!!コメント欄でご指摘を受けまして
こりゃイカン!!とあわてて郵便受けを見に行ったところ
入っておりました。
s_times_20140815ba.jpg
「usi」の名前で掲載いただきました。
漫画のタイトルは「デリバリー:第11話甘ちゃんの遊びにつき合ってらんねぇっての!」
となっております。
週刊漫画TIMES・HPは■コチラ
■こちらのtwitterが週刊漫画TIMES 公式になってるようです。
週刊漫画TIMESの最新情報などつぶやいておられます。
twitterやられてる方はフォローしてみてください。
DE11.jpg
今回の話はいかにも…という感じの嬢の話ですかね。
今回出てくる嬢は以前9話にもチョロっと出ていた娘です。
実は9話の話を作ってる時この娘の顛末に困ってまして
どうしようかなぁ…と編集さんと話してたところ
「どうせならこの娘メインで別の話やれば…」
というアイディアをいただき実行した回だったりします。
ちょうど嬢というものの典型…というほどのことでもないですが
そういった感じのモノを一回描いた方がいいかな…
と思っていた部分もあってそういう話にしました。
2回にわたって同じ嬢を出すという事をあまりしてなかったので
描いていてちょっと新鮮でした。
このシリーズだと
主人公の桜坂と各店の店長なんかは何度も出てきますが
嬢って基本的に一話限りがほとんどなモノで…。

この記事に対するコメント
先生へ
ノラです。
今回のお話は、ある意味より現実的なフィクションで、自分の職場にも同じ感覚を持った連中が沢山います。
自分自身が大切で(←これは、誰でももっていますが…)
大切にし過ぎて、傷付くことを極端に避けるため、他人との繋がりが苦手な奴らが…
で、求める理想が高い奴らが!(俺はまだ本気出していないとか…)

今回の話の中で自分自身でリストカットしてますが、桜坂さんの思っているように、計算高いところが見え隠れするのも、気付いてしまうとドン引きします。

なんか、ホスピタリティーも、今日日研修で教わることがあるんですけど、自分の中では違和感ありありです。
【2014/08/04 04:31】 URL | ノラ #8gfOIHpU [ 編集]


■ノラさん
>俺はまだ本気出していない
これほんとにそういう人間というか堂々とギャグじゃなく
人前で公言する人間っているんですかね
しかし、そう思って日々を暮らしてるんだろうなぁ…
という人は結構見ますですね。

リスカを自殺目的でやる人って実はあんまり多くないんですよね。
本編でも触れてる通り
強烈にDEATH(タヒを直接書くと弾かれそうで…)
を意識したデスのしかたって首吊りか飛び降り何ですよね
他にも理由はありますが…なので桜坂は
すぐパフォーマンスだと思ったという風にしてます。

大なり小なりある意識だとは思いますが
やはりすべては人任せになってるところってあると思うんです
で、その割合というか…度合いが酷いと
全部人の所為という認識になっちゃって己は悪くない
という感覚(あえて意識ではなく感覚といいます)の
存在になるんだと思うんですよね
これって恐ろしい事で
己にとって快楽では無いものを除外していく傾向があるんですよね。
快楽をもたらさないものは悪と認定していく思考になって言ってしまうといいますか。
つけて加えてこの手の思考の持ち主って二元論の方が多いので
善と悪 白と黒 アリかナシ
出物を見てるので極端な考え方になって
自分に快楽をもたらしてくれるもの=善
って物を捕らえて行く傾向があると思います。
これってほんとに恐ろしい事で
自分で求める事をしなくなるし
究極…己の存在も他者任せになってしまうんですよね。
【2014/08/05 00:12】 URL | usi #3eQvvr92 [ 編集]

なるほど
たしかに、本気出していないを公言している奴は、いないですよね。
ただ、イロイロな発言?、コミュニケーションの中でそれに近い内容のセリフを感覚で言っていることは、よくあると思います。
(自己防衛のために知らず知らず責任を受け止めない癖のある方に多いように思います。)

リスカは、自己の生存確認のひとつの行為という認識です。(その行為にいたるまでに辛い思考の果ての行為だとは思います。)
作品の中にあるように、他人へのアピールの面もあると思います。


で、二極化に関しては、現代で生活をする上で、ITが普及したから、加速度的に増えている気がしていました。
どっちでもいいって、重要ですよね。
う~ん、この件は、後ほど追記します。


では!
【2014/08/05 17:32】 URL | ノラ #8gfOIHpU [ 編集]

続きです。
二極化ですが、どちらも度が過ぎると己を破綻させると、思っています。
ただ、だから、全て適当で良いとも言えないですよね。
タイミング的なところ(環境や自分や相手の体調とかイロイロ…)で、押したり引いたりしているのかなぁって!

相手に依存し過ぎれば、そのうち、自分の本心がざわめき始めて、自分を突き詰めていけば、上手くいかないときに、自己否定したりして…

だから、自分自身で自分の本音に聞く耳をもって、正直に突っ張たり、逃げたりすることが大切なのかなぁって、最近、自覚してます。


まとまらなかったです。
m(__)m

では
【2014/08/06 13:54】 URL | ノラ #8gfOIHpU [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/08/06 18:37】 | # [ 編集]


■ノラさん
まずはご忠告ありがとうございました。
いやしかし…自らの命を絶つ方法としてはポピュラーでもありますし
実質、心理的にもそういった傾向のようです。
その後の己の体をさらすことなく…
というようなことまで考えて試行錯誤しているなんてのもあるようですが
ソコまでの余裕は追い詰められた人だと考えないでしょうし…
(ちなみに今のところお勧めなのは標高の高い山とか北極南極などの氷の世界での…というのがいいみたいです。これだと動物に食い荒らされる事意外だと綺麗みたいです。菌の問題もありませんし…世界最高峰の山だとそういった痕跡…白骨化したものですが…が、道のポイントになってたりもするそうです。)

二元論、二極化に限らずですが
極端なものはやはり良くない…という事ですよね。
これはほんとにほとんどの事柄に言えることだと思います。
何事にも限度があって
それを超えると薬も毒になりますし…。逆もしかりで…。
人間水を飲みすぎてもデスしますし(低ナトリウム血症が引き起こされるんでしたっけ…)
水がないと同じく人はデスします。
多分すべからく…人の行う行動にも当てはまっていくんでしょうね。
そういう極端な思考が行動の端々に出て来るんだと思います。
フッとマザーテレサの言葉を思い出しました。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

そういうことなんだろうなんだろうなぁ…
と思いますです。
【2014/08/08 03:39】 URL | usi #3eQvvr92 [ 編集]

先生へ
ノラです。
とても頭が良い人でも、自分のこだわりを捨てることができないと破綻するみたいです。
ただ、長い時間をかけて、価値観を刷り込まれ、でも、その価値観によって自分自身を取り巻く社会性を形成して生活をしているから、直ぐに変えられずに苦しむんですけど…

今、死にたくなるくらいのできごとに思い悩んでる人がいたら、その悩んでる人の「価値観」が、その人に「わかっているけど、そんなこと~だから出来ない。」って、思わせていることをやることで、その「価値観」の殻を破り、出来ないと思っていたことをやっても、大丈夫だということに気付くことが大切だと思っいます。


マザーテレサの言葉、心に留まりました。
深いし、日常で気に掛けてないことに立ち止まらせて、「見てみなさい、そして、感じてみなさい」と言われているように思いました。
後でノートに書き留めます。

では
【2014/08/08 18:49】 URL | ノラ #8gfOIHpU [ 編集]


■ノラさん
己の信念といいますかこだわりといいますか…
それに準じてのデスを選ぶかそれを捨ててでもライフを選ぶか…
これってまた違うお話になりそうですね。
小生、正直なところデスそのものはそんなに悪い事じゃないと思ってるトコロがあります。
どうしてもこの手の事ってデスする側ではなく
それによって影響を受ける人々の側の目線で見てしまうところが人にはあると思うんですよね。
で、そうなるとそりゃデスはよくない、とか
生きている己を否定したくない心理も働いての答えが出てきてしまうと感じます。
いやこの世にあって生きる事をしてる人はそれでいいといいますか
そうでなくては!!と思うのですが
小生のようなものにはココまでしか言えなくて
デスを絶対の負のものと思えないんですよね。
だからといってそれを肯定するわけではないのですが
デスを選らばない理由って「迷惑をかけるから」とかそんなもので
ライフを選択してる理由も「楽しみの映画があるから」とか
そんなモンでいいかと…
この気楽さが柔軟さにつながればいいなと感じてます。
【2014/08/11 06:55】 URL | usi #3eQvvr92 [ 編集]

先生へ
こんばんは!
ノラです。

デリバリー 本日発売!
週刊漫画TIMESの表紙を桜坂さんが飾っています!
【2014/09/19 23:21】 URL | ノラ #8gfOIHpU [ 編集]


■ノラさん
郵便受け見てきます。
いつもありがとうございます!!
【2014/09/20 03:14】 URL | usi #3eQvvr92 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://usiero.blog11.fc2.com/tb.php/510-e788864f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)