FC2ブログ
思いつ記

プロフィール

usi

  • Author:usi
  • 地下牧場「思いつ記」へようこそ



メニュー













単行本



電子書籍



Twitter



最新のコメント

  • 06/24:usi

  • 06/20:るかやか

  • 05/08:usi

  • 05/04:るかやか

  • 07/11:usi



メールフォーム

ご意見、ご感想などなどございましたら お気軽にお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

閲覧頂き、ありがとうございます。 管理者:usi



最近の記事



最近のトラックバック



拍手コメント一覧



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



当ブログについて

当ブログには
成年向けコンテンツが
含まれておりますので、
未成年者の閲覧を
禁止いたしております。
18歳以上で、学生でなく、
性的描写に嫌悪を
お持ちでない方のみが
閲覧可能といたしております。

当ブログへのリンク
についてはコチラ↓



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ

月間アーカイブ



カテゴリー



アクションピザッツDX 2014年5月号
え~…年3回の○○進行と言うのがありまして
年末進行・お盆進行
そしていつの頃から言われだしたかGW(ゴールデンウィーク)進行
です。

月刊誌で掲載いただいてるお絵かきさんは
多分この時期、等しくGW進行なるものではないかと…
…で、小生もそうでした。
つい先日まで〆切に追われてまして郵便受けを見る事もなく
引きこもり状態だったのですが
コメント欄でご指摘を受けた事と
やっと脱稿してゴミ出しをした今朝
郵便受けを覗きましたところ
入っておりました。
2014040718062171b.jpg
【アクションピザッツDX 2014年5月号】
「usi」の名前で掲載いただきました。
漫画タイトルは
「夫にナイショで味見して:第3話ペペロンチーノでおもてなし」
となっております。
■こちらのtwitterでピザッツの最新情報などWeb担当の方がつぶやいておられます。
twitterやられてる方はフォローしてみてください。
■コチラが《ピザッツ編集部員のブログ。》になっております。


センターでカラーをやらせていただきました!!
で…内々の事なのですが今回ちょっと意地の悪い事をしまして…
前提として
扉ページ(各話の始まりのページ)に
漫画タイトルや著者名、各話タイトル、あおりの文字などを入れる場所は
漫画の書き手が特別お願いなどしない限りお任せなのです。
そして小生は下手すると各話タイトルをつける事も忘れてしまいます
(各話タイトル名は漫画の書き手が決める事が多いです。
しかし小生それすらもお任せにしてしまってる事もあります)
もう一つ前提として
小生が描かせていただいてる漫画の内容は
テーマのひとつに「食べ物」があります。
グルメ漫画のセオリーに扉ページにその回などに扱う料理の絵を入れる
というのがあります。これは〈絶対〉ではありませんが…
小生もこれに習って今回の料理のペペロンチーノの絵を入れてみました。
その食べ物の絵の後ろに漫画のキャラの裸の絵を入れました
結構画面いっぱいに使ってます。
(と言っても縦にするなどの工夫をすれば
タイトルやその他の文字は入るようにはしたのですが)
その状態で原稿をお渡しして果たしてタイトルはどこに入るのだろう?
それ次第で今後の方針を〈裸〉か〈料理〉か…どちらを重要視して考えるのかがわかるかな…と
はい…ちょっと意地が悪いとは思います。
がその辺のバランスをどう考えようか…と思っていたのも事実でして
なのでその結果がちょっと楽しみでした。
結果見事にタイトルが料理の絵の上に載ってました。
008_201404071806055b6.jpg
↑参照
【料理の絵】がつぶされて【裸の絵】が優先された形ですね
なるほど!!そうですよね!!
と、小生の中にくすぶっていた優先度が決定いたしました。
やはり裸だ!!……と!!
すみません。ちょっと厚く…違う暑く…違う熱くなりました。
もっと裸の絵を上手に描けるように精進したいと思います。


この記事に対するコメント
先生へ
ノラです。
忙しい先生にアップを急かしといて、自分忙しくなって、コメント出来ませんでした。すみません。
m(__)m
今回、初っ端から、キッチン?でやってましたね。
センターカラーですからでしょうか…
前回の紅茶とワッフルから、私的には、料理のウンチクに興味がわいていて、今回、ペペロンチーノでフムフム状態で知識を入れてました。

まぁ、当然 彩葉さんのエッチが無いと成立しないのは分かってるいますが、料理の部分もちゃんとよんでます。

今回の扉に、あのようなことがあったのは、読めませんでした。

裏話、これからも、お願いします。
忙しそうですが、身体に気をつけて頑張ってください。

では
【2014/04/23 12:40】 URL | ノラ #8gfOIHpU [ 編集]


■ノラさん
あいかわらずの状態ではありますが
一時期より忙しさも落ち着いてまいりました。
いや…しかし…多分この忙しさの波は
また来るものと予測されますが…
それでも 小生のような小心者は
仕事が無い時のあせりの状態より
精神的安定はあるかなと感じております。
小生のような商売の因果なところですね…

カラーが入る時はしょっぱなからHシーンを
どうしても入れてしまいますですね。
せっかくのカラーなので肌色を入れなければ
と…このジャンルでは思ってしまいます。
その所為もあって
物語の時間軸が不安定になってしまいます。

料理の件については…
正直描ききれてないと思うところと
これでいいのか?と思わなくも無いところがありまして
嘘を描くということはしてないのですが
表現を大げさにしたり小さくしたりはあると思います。
しかし…こればっかりは…と思うところで
結局食べ物を美味しくいただく事を考えていくと
とれたてなどには敵わないんですよね。
さらに突き詰めていくと
美味しくいただくために食材を育てる環境つくり
までいってしまうんですよね…
しかしそこまでこの漫画で掘り下げる事は
難しいと思ってます。
ので…どうしても小手先の技術でのお話ばかりに
なってしまいます。
せめて日本食の元ともいえる
オリゼ菌の事とかには触れたいかなぁ…
と思わなくも無いのですが
この名前は料理教室の名前に当て字でつけるくらいしか
出来ないかもしれません…。

【2014/04/23 14:53】 URL | usi #3eQvvr92 [ 編集]

早速の回答、ありがとうございます
ノラです。
早速の回答、ありがとうございます。

えーと、料理のところですが、先生の思いはわかるのですが、それだと違うマンガになりかねないです。
(美○しんぼみたいに…)
それに敷居が高くなりそうで、親近感を失いそうな気がします。

ただ、ウンチクはあったほうが、いいんですけど…
注文の多い嫌なファンになっているかなあ…

私の意見はサラッと流してください!

では
【2014/04/23 17:42】 URL | ノラ #8gfOIHpU [ 編集]


■ノラさん
あっいや…
いつもありがたくご意見拝見しております。
料理の件は出来ればその高みまで行ってみたい…
と言いますかそこまで描ければすごいだろうなぁ
という事でして…
どうしても「食」について考えると
行き着くところって
食材をよりよく育てる環境のところまで
いっちゃうんですよね。

しかし親近感と言う部分のご意見は
ハッとさせられました。
そうです!!このジャンルで失ってはいけない…
と言いますか大事にしなければいけない部分を
うっかり忘れてしまうところでした。
本当にこれはいいご意見をいただきました。
ありがとうございます!!
【2014/04/23 23:11】 URL | usi #3eQvvr92 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://usiero.blog11.fc2.com/tb.php/504-3ab4b7e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)