FC2ブログ
思いつ記

プロフィール

usi

  • Author:usi
  • 地下牧場「思いつ記」へようこそ



メニュー













単行本



電子書籍



Twitter



最新のコメント

  • 06/24:usi

  • 06/20:るかやか

  • 05/08:usi

  • 05/04:るかやか

  • 07/11:usi



メールフォーム

ご意見、ご感想などなどございましたら お気軽にお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

閲覧頂き、ありがとうございます。 管理者:usi



最近の記事



最近のトラックバック



拍手コメント一覧



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



当ブログについて

当ブログには
成年向けコンテンツが
含まれておりますので、
未成年者の閲覧を
禁止いたしております。
18歳以上で、学生でなく、
性的描写に嫌悪を
お持ちでない方のみが
閲覧可能といたしております。

当ブログへのリンク
についてはコチラ↓



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ

月間アーカイブ



カテゴリー



アクションピザッツDX 2012年8月号
一ヶ月のお休みは思ったより長く感じました。
そういえば販売はまだかな…と思ってて
あっ…今月は掲載ないのか…
と少し寂しく感じてから一ヶ月ボチボチかな?と
ネット検索した所、7月6日に販売されてたようです。
…で献本届いてるかな?と思いつつ郵便受けを覗いたトコロ
入っておりました!!
1200631976.jpg
【アクションピザッツDX 2012年8月号】
「usi」の名前で掲載いただきました。
漫画タイトルは
「隣の人妻大家さん・初めましてはHの後に」
となっております。
■こちらのtwitterでピザッツの最新情報などWeb担当の方がつぶやいておられます。
twitterやられてる方はフォローしてみてください。
qdlxf.jpg
献本見てびっくりしました。
今回新連載(と言っていいと思いますが…)
という事もありで(…だと思うんですが)
4Pカラーでした。
小生、センターカラーだと思い込んでいまして
中閉じ方の雑誌って真ん中が開きやすいもので
まず袋から出したら本の真ん中あたりが開きまして
……あれ?…小生カラー描いたよな…
と…戸惑いまして…
掲載月を小生間違えたのかな?とも思いました。
あわてて表紙を見ると「usi」の文字が何か大きく載っている…
えっ…えっ…とさらに困惑しつつ今度はきちんと初めのページから…
巻頭カラーぢゃないですか!!
び、び、びっくりしました!!!
ホントに「えっ!」と声が出てしまいました。

表紙にある小さなカット
せっかく色つきなのでココに置いておきます。
カット


さて…中身はタイトルでネタバレ状態ですね
所謂『人妻モノ』となっております。
しかし、小生人妻モノって実は苦手分野です。
人妻モノをこの分野でやるんならここまでは描かないと…
と思うトコロがありまして…
まあ…その夫婦の後日談的なところなのですが…
こんな事をしたらこうなりました。というトコロですね。
それを描こうと思うとH表現が描けなくなるんです。ページ的に…
どちらかと言うと人妻モノで描くなら
その部分がメインになるくらいじゃないとだめなんじゃないかなぁ~
と思ってたりもしております。
しかしライトとはいえエロのジャンルでそんなトコロ描かれても…
と感じられてしまうんじゃないかなぁと思います。
エロを描くところもほとんど無い状態になると思いますし…
なので苦手ジャンルだったりします。
がしかし…人気ジャンルだし…どうにか描けないかなぁ~と思い
チャレンジしてみました。
まずは前振り的な展開の一話目になっております。
よろしくお願いいたします。

あっ後…本編用に描いた小道具的な絵なのですが
それもせっかくなのでココにおいておきます。
sya1.jpg


この記事に対するコメント
待ってました!!
ノラです。

ピザっつDX8月号発売しましたね。
待ってました。
新連載、おめでとうございます。
ピザッツさんの漫画は連載回数が10回くらいが標準ですが、
是非とも20回、30回、それ以上を目指して頑張ってください。

先生の巻頭カラーを見るのは初めてだと思います。
1ページ目から激しい描写でよかったですよ。
まだ、1話目ということで、謎なところが多いですよね。
・夫婦生活は半年間だけ
・7年間、旦那さんを待っている
・近所にアパートかマンションを経営してる大家さんである
・近所にいきつけの飲み屋がある
今のところ分かっているのはこんなところですかね・・・

先生が人妻のマンガがNGなのは分かっていました。
先生の苦手とするところを解消するのに一番問題のない方法は
未亡人系かなと思いました。
旦那さんが存在していなくて、操を立てているような感じなら、
モラルの欠如も多少緩むのではないかなぁと勝手に想像しています。

それにしても、先生が描く女性キャラのプロポーションはいつも見とれてしまいます。
今回は、カラーもあったのでその迫力は、凄まじいものでした。(笑)
これから、いろいろ謎的な部分が明らかになってくるのを楽しみに読んでいきたいです。
今回、1話目ということもあって、一箇所だけ戸惑いました。
最終ページの挨拶のところですが、一軒家なのに203って???
ってなりました。
大家さんだから、一軒家に住んでいて、アパートに引っ越してきたのかって
理解するまで少し時間がかかりました。

最後に、先生のキャラの名前ですが「難しい読み方」をしますけど、
狙ってます?
「里桜」→りお
前回の弁護士さんも難しい名前でした。
何か狙いがあるなら教えてください。

最後に、DXの6月号の読者プレゼントに当選しました。
これも、先生の作品に出会ったおかげです。

では(o・・o)/



【2012/07/07 18:16】 URL | ノラ #8gfOIHpU [ 編集]


■ノラさん
一ヶ月掲載が無いというのは小生自身ホントに長く感じましたです。
その間も変わらず仕事していた所為だと思いますが
掲載していただくというのがどれだけ励みになってるか
つくづく実感しましたです。

ご指摘の通りピザッツの連載って
大体単行本一冊分というのが目安になってるようですね。
一話20ページの枠で連載してるか18ページで連載してるかで
話数も変わってくるようです。
初めの壁はまず四話みたいで
新しいお話や新顔さんが連載始めるときに
まず四話くらいのところで数字を見られるみたいです。
初めから四話構成でその後人気が出れば継続というパターンもあるみたいです。
とりあえずスタートダッシュが不得手な小生の漫画は
この時点でちょっと不利な所があります。
が…何とかこの壁を越えていきたいです。

そうですよね。巻頭カラーって小生も記憶がありません。
多分初めての体験だったんじゃないかな…と思います。
ホントにびっくりしました。

で…中身についてなのですが
流石にノラさんのご指摘は鋭いです。
いくつか連載をするにあたって仕掛けは用意してありますが
今回「さ~ち」のような作り方ではなく
もっとキャラ主体の作り方でやってみたいなと考えております。
キャラクターがどう思ったから行動はこうなってるという作り方ですかね。
総論的な視点よりもっと各論的な見方といいますか
マクロよりミクロといいますか…
個人的にはマクロ的なほうが好きなのですが
コレって物語を綴る上ではあまり人気出ないんですよね…。
さ~ちもオチの部分は意識して各論的な収束にもって行きましたが
だからこそもっと先に物語の収束はあるなぁと思ってます。
ただ…描かせていただいてるジャンルではマクロ的な視点の展開は
ものっ凄く難しいのが実感であります。
もともと描くものの最低条件として
究極的なミクロの部分を描かなくてはならない…
という壁があると思いまして…エロ描写ですね。
コレがテーマとしてある以上
その部分をきちんと捕らえておかないと先に進めないなぁ…と…
いまさらながら学んでおります。
で…作った舞台装置のうち
いくつか置いてけぼりになることは出てくるなぁ…
と今から思ってます。
今から見えてしまっている宿題も上手にこなせればと思っているのですが…
ホントもう…ドキドキです。

大家さんが住んでいる家と主人公が借りてるアパートは
隣と言う位置づけです。
コレは一話での表現では分からないよなぁ…と感じておりました。
その辺の整理をつけるほうがいいのか
話の展開で引っ張ってからにした方がいいのか…
コレちょっと悩んだ部分でもありまして
結果後者の話を進める方をとりました。
二話目で建物の位置関係とかが分かると思います。
実質二話目でこの世界観の説明がなされて
三話目からドラマが動くかな…という構成になってます。
やっと遊べるのが三話以降…という感じですかね。
ちなみに大家さん犬は飼ってません。
遊びでPIYO PIYOエプロンはさせたいと思ってます。
出せる余裕があれば…ですが…
あとあまりほうきで外を掃除する絵も出せないかもです。
どうにも…せっかくの連載なので
単行本単位でのお話の作りにしてしまってるものでして…
戸惑わせてしまってすみません。

名前の件ですが
小生キャラクターの名前って考えるの苦手でして…
というか…物凄く面倒でして…
昔はタウンページを適当に開いて
そのページにある性と名を組み合わせてキャラ名にしたりしてました。
今はネットで名付けサイトを見てつけたりしてます。
漢字も別段狙いは無くて
名付けた名前を声に出してみてしっくりした呼び名だったらそれに決定
PCに打ち込んで漢字変換した時一番上に来た漢字を使ったりしてます。
生業柄…うちの変換ソフトは妙な漢字を優先して覚えたりしてる所があるので
面倒くさい漢字の名前が一番初めに来てる…というのがあると思います。
最近はキャラの苗字部分も考えるのが面倒になってきて
ある地域の土地名にしたりある路線の駅名にしたり
と言うのが多くなってる気がします。
いやぁ…何かすみません。
最近使ってる名付けサイトに載ってる名前が変わってきてるので
ちょっと変な名前になっちゃてるかもです。


読者プレゼント当たりましたですか!!
おめでとうございます!!!
プレゼント抽選って漫画描きは、まず立ち会う事がありませんから…
どうやってるんだろう…。
試しに名前偽ってプレゼント応募してみようかなぁと思った事もあるんですが
編集さんから「漫画描きさんはあたりませんよ」といわれた覚えがあります。
住所と本名でばれるし…そりゃそうか…と…。
結構きっちりやってるんだなぁと思いましたです。

【2012/07/08 07:23】 URL | usi #3eQvvr92 [ 編集]

なるほど!
確かに先月は先生の作品が見れなくて、寂しかったですね。

で、犬を飼っていない?
PIYOPIYOエプロン!って、大御所のパロですけど大丈夫ですか・・・
(小☆館からクレーム、大丈夫?)
アニメとかでもそういうお遊び的な要素ってツボにハマると嬉しかったりしますよね!
(ア・バオワ・クーに鉄人28号が横切るとか・・・)
まぁ、クレームにならない程度に頑張ってください!
話の展開は、先生のきもの部分ですから、そこは大事にしてください。
ただ、先生が言ってるようにマクロ的よりも、ミクロ的な方が受けると思います。
もうこの際キャラを前面に出して、そのキャラの性格で押し切る展開も見てみたいですね。

名前の件は、そうなんですか?ってかんじでした。
例えは違うかもしれませんけど、RPGのキャラ設定の時のネーミングとかで、
地名とか使ったりしてましたので、そんな感じかなーって思いました。
印象に残るかどうかはこれからの展開ですよね!?
頑張って「里桜さん」を定着してってください。

先生は景品が当たらないんですか!
いろんな景品がありますけど、そんぼ会社の社員はNGってよくあるから
それと同じですね。
私は、ピザッツ・DX・SPで結構、嬉しい思いをさせていただいています。
こういうことも、アンケートハガキを出すモチベーションになっています。


話は変わりますが、先月2本程映画を見てきました。
映画館で映画を見たのは久しぶりでした。
「図書館戦争」と「アメージング・スパイダーマン」を見ました。
どちらも面白かったです。
久しぶりの映画館は、大き画面もさることながら、私としては
音響の迫力に「見る価値」あるよなーって思いました。
気になっている映画は「映画館で見よう」って再確認できました。

「図書館戦争」・・・検閲がテーマになっている作品でした。
もともとアニメ好きの私がその時期にやっているアニメ映画が
これだったので見たのですが、面白かったです。
テレビの放送していたDVDも続きだったようですが、
私はそれを見ていなかったのですが、十分見ることができました。


「アメージング・スパイダーマン」・・・説明はいらないですよね。
前作との違いを見比べるつもりで見に行ったのですが、
途中からそんなことはどうでも良くなって、見いっていました。
面白かったです。
ピーターがおじさんの復讐から正義に目覚めて行く辺りが良いです。
個人的な善悪(ミクロ)から、社会的な善悪(マクロ)。
この辺の問題も人によって異なるものですけど、
個人的な欲求を求めると、社会的には評価されないもしくは、それを制限される。
社会的に認められていくと高いモラルを要求されることが、わかるように出来ています。
また、善行を行えばその行為が繋がって自分に帰ってくることも、
わかりやすく描かれていました。
「スパイダーマン」は出ませんが、「アベンジャーズ」は絶対映画館で見ようと思いました。

では(o・・o)/


【2012/07/08 11:50】 URL | ノラ #8gfOIHpU [ 編集]


■ノラさん
PIYOPIYOエプロンは気をつけようとは思います。
「それ」なんだけど「違う」というデザインができればいいかな…と
結構PIYOPIYOエプロンをパロって描いてる作品ってあるので
フリーになってるのかも…と思う所もありますが…。
銀英にも出てたくらいなので…
兎に角も気をつけようと思います。
面倒事は避けたいですし…

読み切りを描く事が多いとキャラクター名って
忘れてしまったりする事が多いんですよね。
さらにもう考えるのがうっとうしかったりしてしまいます。
何かのインタビュー記事で読んだ事があるのですが
対戦格闘ゲームを作るにあたって面倒くさい事って
各キャラクターが持ってる「技の名前」付けらしいです。
それと同じ感覚になってしまってるのかもしれません。

プレゼントでアンケートのモチベーションがあがるのは嬉しいですね。
ピザッツ編集部(が用意してると思うのですが…)も甲斐があると思います。


「図書館戦争」「アメージング・スパイダーマン」見ましたですか!!
うらやましいぃ!!!
両作とも見たいと思ってる作品です。
勿論映画館で見たいのですが…
小生ここの所、映画館に行く事がほとんどなくなってしまってます。
時間が無くて…
最後に映画館で見たのって…「エヴァ破」かも…
うわっ!何年前だ…あああ…
無茶苦茶見たいもの多いのですが
ほとんどレンタルかDVDもしくはBDを購入して
家のしょぼいTV画面で見るハメになってます…。
絶対映画館の方がいいんですけど…。
今年も見たい作品が多くて…
でも映画館に行くのは無理だろうなぁ…と今から半分あきらめてます。

「図書館戦争」はノイタミナで放映時の分は見ましたので
その後日談的な映画版も見たいと思ってました。
最近はアニメ映画も企画が通りやすくなったのか…
劇場版が多くなっている感じですが
(といっても上映館数が少ないですが…)
まさか「図書館戦争」が劇場版になるとは思ってなかったので
結構嬉しくて待ってました。
単品作品としても見れる作りになっているんですね。
もう細かな所を忘れてしまってるのでそのほうがありがたいです。
この作品が放映されてすぐ例の東京条例の問題とかあって
結構臨場感あったなぁ~と思った事を覚えてます。
ああ…見たい!!

「アメージング・スパイダーマン」も勿論見たいです。
前作の「スパイダーマン」からリブートされてるので
見やすいとは思いますが
リブートが早すぎ感はぬぐえませんが、どうにも見たいですね。
アメコミモノではスパイダーマンってホント見やすいんですよね。
日本人の気質で見やすいキャラクターと
もともとこの作品にあるテーマの部分。
タイミングもばっちりでまさに
「持たされた力とその責任」について考えるべきなのに
それをないがしろにしてる風な感覚を強く感じる昨今です。
もう何もかもがスパイダーマンを見るいい条件になってるんですよね。
そういう意味では「バットマン」もいい題材だとは思うのですが
こっちはもう一つ飛び越したものを感じます。
ああ…スパイダーマンいいですねぇ~。
今回のシリーズでは敵もカーネイジとかまで行っちゃうんですかね…
今回の敵はリザードですよね。
多分続編も何作か続けてくれると思うので楽しみで仕方ないです。

「アベンジャーズ」も物凄く見たいです。
同じマーブルなのだから是非スパイダーマンも共演してほしかったですが
スパイダーマンは映画化の権利の件でちょっと共演は無理そうですが
やはり見てはみたいですよね。
DCコミックのジャスティスリーグのほうは
映像化の話も出ているそうなのでちょっと期待してます。
といっても…スーパーマンとグリーンランタンなどの物凄い能力を持ったキャラと
バットマンみたいな普通の人間との共闘って…
ちょっと無理がありそうですが…。
アベンチャーズはその前にやってたそれぞれの映画で
上手くバランスをとってた感じでしたね。
普通に考えるとマイティ・ソーあたりがずば抜けた力をもってそうですが…
何せ神ですし…
ああ…もう見たい映画が目白押しで…
でも映画館にいけないんだろうなぁ…。
「プロメテウス」とかも是非映画館で見てみたいです。
【2012/07/09 07:09】 URL | usi #3eQvvr92 [ 編集]

先生へ
先生の映画への食いつきがすごくって!
あぁ、本当にみたいんだなぁーって気持ちがよくわかります。

実を言うと私も映画館で見たのは「エヴァ破」のような気がして、ちょっと汗です。
でも、先生の言葉から「今年、エヴァQじゃん!」って思いました。
こちらも、絶対みます。

「図書館戦争」は、絶対TVを見ていたほうが、感情移入できると思いますよ!
映画ですから、見ていない人を想定してはじめにその辺の説明がありますが、
キャラクターの相関関係を理解していたほうが、断然面白いと思います。
先生にはうってつけです。

「アメージング・スパイダーマン」は、先生の言うとおり、リザードマンが敵です。
次回作もありそうな終わり方をします。(笑)
今回「おっ!」と思ったのは、スパイダーマンが手首から出す蜘蛛の糸ですが、
今回は機械で糸を発射します。(腕時計みたいな感じです)
私的には、手首の中から蜘蛛の糸が出るのは違和感があったので、
受け入れることができました。
気に入っているシーンなんですけど、
リザードマンが橋の上で暴れた時に橋から落ちる車を助けるんですが、
そこで車に取り残された子供を救出します。
その時、助け出された子供の父親が感謝します。
この出来事がクライマックスにつながるんですが、
言っていいですか?

できれば、実際に見て感動してもらいたいです。

「プロメテウス」ですが、「アメージング~」の予告で見ました。
人間創造の謎に迫る作品みたいですが、
決着つくのかなぁっていうのが、私の見解ですが・・・
映像がエイリアンの映画を彷彿していて、その点でみる価値はありかと思います。

先生、煽るわけじゃないですが、
たまには、新鮮な刺激を体に入れたほうが、いいですよ。

では(o・・o)/
【2012/07/09 23:19】 URL | ノラ #8gfOIHpU [ 編集]


■ノラさん
いやぁ~…すみません。
映画って好きでして…。
かといってそんなに見に行けるわけでもなく…
ちょっとフツフツとたまっておりますです。

そう!そう!!今年「エヴァQ」なんですよね。
11月17日…確か…今年の秋って言ってたような気もしますが
冬になってますですね…。
コチラの作品も楽しみです!!

「アメージングスパイダーマン」は原作どおり
ウェブシューターになってるんですよね。
確かオズボーン製の糸になってるとか…
オズボーンといえばリブート前のスパイダーマンでゴブリンとして登場した
友達の親父の会社ですよね。
こういうの聞くと「ああホントにリブートしたんだな」と思いますですね。
橋から落ちる車から助けられる父親の言葉
せっかくなので見るまでとっておかせてください。
ああ…早くみたいです。
でも…多分BD買っちゃうと思います。

「プロメテウス」劇場予告やってましたですか!
この作品あの「エイリアン」の前日譚といわれている作品なので
是非見てみたいです。
エイリアンで石化した異星人が出てきましたがこの謎に迫ってるとか!!
もう何年越しで明らかになるこの謎!!という感じでワクワクしてます。
監督も「エイリアン」を撮ったリドリー・スコットですし
楽しみです!!

できれば「ダークナイトライジング」も見たいし
他にも見たい映画いっぱいあるんですよね…
もはや映画館で見ることは半分あきらめてるのですが
たまには行った方がいい…と小生も思っています。
つくづく…外に出る事が少ないですし…
いやぁ…良くないですよね…。
【2012/07/10 05:55】 URL | usi #3eQvvr92 [ 編集]


usiさんお久しぶりです。
8月号読ませてもらいました。
二人の今後の関係が気になります。
やはりドロドロした展開になっていくんでしょうか?
次の連載を楽しみにしています。
それにしても里桜さんの体、エロいです。
【2012/07/25 09:02】 URL | タケ #- [ 編集]


■タケさん
いやぁ~…ドロドロを描きたいのですが
小生が描くとどうしてもエロシーンが少なくなったり
もしくはまったく無くなったりしてしまう可能性が高くて…
いや…ホントはきちんとその部分を描くべきだと思っていまして
別のところでプロット書いたりしたのですが
見事に没をくらいました。
どうにも変な壁がありまして…
悪い事をする、している、という描写が多いのに対して
こんな事したらこうなるよ
…というのをきちんと描かないとだめだと思うのですが
どうにもその部分は描かせてもらう機会がありません。

で…そういった事を描くと
肝心のエロ描写部分が描きにくくなるというのもあって
今回のこの漫画はドロドロにならない設定にしてあります。
2話目でこの漫画の世界観の説明がされるので
ご覧いただければと思いますです。
その後から少し遊んでいこうかと思ってますです。
【2012/07/27 08:23】 URL | usi #3eQvvr92 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://usiero.blog11.fc2.com/tb.php/451-fcfe629e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)