FC2ブログ
思いつ記

プロフィール

usi

  • Author:usi
  • 地下牧場「思いつ記」へようこそ



メニュー













単行本



電子書籍



Twitter



最新のコメント

  • 06/24:usi

  • 06/20:るかやか

  • 05/08:usi

  • 05/04:るかやか

  • 07/11:usi



メールフォーム

ご意見、ご感想などなどございましたら お気軽にお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

閲覧頂き、ありがとうございます。 管理者:usi



最近の記事



最近のトラックバック



拍手コメント一覧



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



当ブログについて

当ブログには
成年向けコンテンツが
含まれておりますので、
未成年者の閲覧を
禁止いたしております。
18歳以上で、学生でなく、
性的描写に嫌悪を
お持ちでない方のみが
閲覧可能といたしております。

当ブログへのリンク
についてはコチラ↓



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ

月間アーカイブ



カテゴリー



アクションピザッツDX 8月号
小生、基本的に建物から出ない生活でして…
建物から出る時…買出しとか、ゴミだしとかの時に
そのついでに郵便受けを覗いております。
が、今回、ブログに書いていただいた書き込みを拝見して
何!!もう出てるのか!!
と、あわてて郵便受けを覗きに行きました。
入っておりました。
ご報告ありがとうございました。
1200535729.jpg
【アクションピザッツDX8月号】
「usi」の名前で掲載いただきました。
漫画タイトルは「さ~ち-せかんど-発動」となっております。
■ココからピザッツ公式HPにて3ページほど立ち読みが出来るはずです。

さて…「さ~ちせかんど」の最終回です。
もともと無印の「さ~ち」の時に考えていた
ラストのエピソードを持ってきたものです。
無印はモロモロの事情…
といっても「さ~ち」はももともと連載用に…と考えてたお話ではなかったもので
初めの読み切りで考えてた時
オチに困って菜々子を探偵という事にして…
というところから探偵モノになりまして…
その後このお話で何本か描かせてもらえる、というありがたいことになりまして
で…という顛末をたどる漫画です。
なので、もともとキチンとした最終回が出来るとか考えていませんでした。
なので今回
前後半に分けてのこのエピソードが描かせていただけた事は
嬉しいばかりです。
前半部分でストーカーのエピソードをもっと入れようと考えていたんですが
この漫画はそういった主人公サイドが扱う案件は
案件以上のものではない、という描き方でよかったかな
と、今になると思えます。
なればこそ今回の後半部分も上手く事が運んだ感じがしますです。
小生の中ではこれで「さ~ち」は終われた。
という感じがしております。

が…ちょっと間をいただいてからですが次は
「さ~ちとりぷる」の予定となっております…何かすいません…。
といっても、そうしよう!!と方針が決まっただけで
中身はあまり考えてない状態です。
どうせだったら新しい要素とか入れたいなぁ~と思っていたりしますが
多分変わりない「さ~ち」だと思います。
なにせこのシリーズ季節感もわざと出すことなく
(そのためにレギュラーはほとんど七部袖だったりします)
歳もとらず…だけど時代に合わせた技術進歩などは取り入れていく
(キャラクターが使ってる携帯などはスマホになってたり…)
という漫画なもので(サザ○さん状態ですね)
あまり新要素入れるといったいじり方はしない可能性が高いです…。
なので、今後も変わらずご覧いただければ嬉しい限りです。

この記事に対するコメント
続きますね。
ノラです。
先生、脅かしっこなしですよ。続くんじゃないですか、『さ~ち』。
いやー、よかった。
イデオンが題名にからんでいるから、みんな死んじゃうのかと思ってました。(うそ!(笑))
キッチ・キッチンの首が爆風て飛ぶ画像がヘルメットに写ったり、ソロシップブリッチで応戦中に子供の頭が吹っ飛ばされたり、今思うと衝撃的な演出だったと思います。


今回、いつもイニシアチブを菜々子さんに握られていた健くんが攻めるのが、凄くよかったです。
『辞めないっ言うまで、止めない』なんて、今までの健くんにはなかったですよね。


来月は、苺ちゃんの無い月で、さ~ちも、暫くお休みと言うことなので淋しいですが、待つしかないんですよね。何か、サプライズで掲載される雑誌があったら紹介してください。よろしくお願いします。


話は変わりますが、最近レンタルビデオ行ったら、ボトムズのDVDが2種類でてました。
ひとつは、キリコが出てるみたいでした。(もうひとつは、メカニックだけ継承しているみたいでした。)以前、ボトムズを見るといわれていたのて、一応、連絡しておきますね。

では
【2011/07/11 19:46】 URL | ノラ #- [ 編集]


■ノラさん
いや~…すいません。「さ~ち」が続く事になりました。
といっても結構寸前までどうしようか…という感じでして
最後のページの柱文字に入れる「さ~ちとりぷる」の文字も
多分間に合わず「さ~ちさーど」になるかも…
と編集さんに言われてたくらいでして…
続投で描かせてもらえるという話があって
何を描くかは未定の時
「さ~ち」の続編…という話もあったので
もっと劇的な演出を考えていたんですが
それやっちゃうと続けにくくなると思って
ちょっと軽めの仕上がりにしました。
結果的にそれでよかったと思っています。
イデオンよろしく全滅エンドもない事はないかも…
と思わなくも無いですが
それやるにはもっと大物の敵が必要になるかもです。
さすがに…
星を割ったり
クビが吹っ飛んでその様がメットに映り込んだり
バズーカで頭吹っ飛ばされたり
全身破片まみれになったり
顔面に3発の銃弾打ち込まれても腹の赤ちゃん生きてたり
腕がぶっ千切れたり…
という描写は無理だと思われますが…

健太という存在はホント空気のような感じで設定したキャラなものでして
ただ居る…というのが彼の存在理由なトコロがあったんですが
最終回を考えるとそういうわけにもいかなくなりまして…
空気のような存在だからそうしてしまった…という感じなんですよね
酸素というのはちょっと濃度が変わってしまうと猛毒になってしまいます
健太はそういったキャラだったのかもしれませんです。

すいません…この誌面上に掲載されない期間に
小生結構やることがありまして…
今のうちにやっておかないとまたスケジュール的にギチギチになってきかねないので
今のうちにその辺の調整やらをいたしますです。
かろうじて…多分夏から秋にかけてくらいに
週刊漫画TIMESで描かせてもらえるかも…くらいの予定があります。

ボトムズ、見ましたです。
メロウリンク(でしたっけ)シリーズ以外は見ましたです。
恐らく最近出ていたキリコが出ている作品だと「孤影再び」だと思われます。
勿論見ましたです。
アレはまだ続きそうですね…。
時系列的にはこのあと「幻影篇」がくるようになってるみたいですが
さらにその続きって出来そうに匂わせていたので
是非是非まだ続きを作ってほしいです。
「孤影再び」と同じ時期に作られた他の2本も見ましたです。
個人的には「装甲騎兵ボトムズ Case;IRVINE」の続きも見てみたいです。
BRの得点で本編劇の3ヵ月後が紙芝居のように描かれていたんですが
これならまだ続きがいけるじゃん!!という感じでした。
楽しめましたです。
【2011/07/12 14:16】 URL | usi #3eQvvr92 [ 編集]

やっぱり、詳しいですね
ノラです。

先生は、やっぱり、イデオン、詳しいです。
先生のコメントを読んでいて、キッチン→ソロシップにいた女の子(名前が出てこない…)→カーシャ→カララ(お腹の子供はメシア)→腕の方は分かりません。と、フラッシュバックしました。
本当に詳しいです。


次の掲載は漫画TIMESでせね。了解しました。
(実は、コンビニブックの制服アンソロジーにこの前、漫画TIMESに鯛焼き食べて入院した話が載っていました。購入済みです。)

あっ、DXのアンケートは出しました。
前に書いて頂いた『この一票が重い!』ということで、次の掲載が決まったのなら、うれしい限りです。


新しい職場はDTP(印刷関係)なので、先生の仕事にちょっと近づけたと勝手に喜んでいます。
エロは無理ですが、水着やかわいいキャラを暇を見つけて印刷しようと企んでいます。



では
【2011/07/13 20:55】 URL | ノラ #- [ 編集]


■ノラさん
次の掲載誌は恐らくピザッツ関係だと思います。
苺ちゃんかな…
これが不思議なものでして…
複数の編集さんとやり取りさせていただくと
制作スケジュールと掲載スケジュールがずれる事って
結構あるんですよね…。
それぞれの編集部の都合もあるし
季刊誌、月刊誌、週刊誌でのスケジュールの回し方の違いがあったりでして…
これもあって小生、掲載に関して疎くなる所があります。
いやホントに申し訳ないです。

あ、芳文社から出してる「まる裏シリーズ」が出てましたですね。
編集部としては週刊漫画TIMEの所ですが
「らぶチュ」という本で描かれた漫画とテーマの会うものを合体して
コンビニで廉価版のような本にして出してるというアンソロジーの本なので
再録モノになるのでつい忘れてしまいます…。

アンケートありがとうございます。
本当に「その一票は重い」という事に偽りはありませんです。
物凄く重いです。
もう本当にアンケートハガキって送ってくださる方の数って少なくて
しかしそのアンケートの数で人気の有無が判断される事がやはり多いので
どうしても一票一票が貴重です。
一票差で順位が変わることも稀です。
なのでノラさんには本当に感謝いたしております。
何度かノラさんが書かれたアンケートも拝見させていただき
感激の想いと共にニヤニヤしながら…
(というか思わず顔が緩んでそうなってしまうのですが)
読ませてもらってます。


DTP!!ムム!!聞き覚えありますよ!!!
幾人かの編集さんから「次からDTPにしますので…」という台詞を!!
いやぁ~すいません…
小生、原稿制作しか分からなくて…
己の手から離れた原稿がどういった工程を経て世に出回っているのか
かなり疎いです…。
同人誌とかやられる方はかなり詳しい方が多いのですが
小生そっち方面もまったくと言っていいほど素人で…
その代わりといってはなんですが
小生の場合己の手から離れた原稿に注文はほとんど付けませんです。
詳しい方はカラーの際の色味とか…色々チェックするようですが…

同じ出版に関わるお仕事なのですね。
色々出版も苦しくなっていますが共にがんばりましょう!!!


イデオン
クビ吹っ飛ばされた幼女って確か「アーシュラ」でしたよね。
あと腕ぶっちぎれるのは最後の最後…ガンド・ロワの加粒子砲第2射を喰らった時
コスモがコックピットで最後の雄叫びと共にぶっちぎれてました
その傷口から噴出した血の真っ赤な色で画面が覆われるという
もう何とも言いようの無い演出してましたです。
今、御大が新しいイデオンを企画しているという噂もありますね。
2時間位の一本の映画になるようなサイズにして…とか
実現するか分かりませんがかなり見たいと思っております。
【2011/07/15 14:17】 URL | usi #3eQvvr92 [ 編集]

そうでした
アーシュラでしたね。キッチンとアーシュラは、映像が衝撃的で今だに記憶に残っています。
イデオンは、検索して御大がインタビューに答えているのを確認しました。
リメイクは、話の内容はもとより、映像に期待しています。イデオンとガンド・ロアの戦闘シーンやイデオンのミサイル全彈発射やゲージの発動、イデオン起動時の顔に光が横に流れるところを見てみたいです。

私も入ったばかりで、よく知らないのですが、DTPは、オンデマンド印刷を主に作業しているみたいです。
オンデマンド印刷は、原稿の準備がオフセット印刷と比べると楽みたいです。
ある程度の印刷であれば安価で作れるます。
仕上がりは、オフセット印刷の方が綺麗みたいです。
あと、入稿から作成までの期間が短くて済むのもオンデマンド印刷の特徴です。
アンケートを読まれているということで素直にうれしいです。(恥ずかしいと思うところもありますけど)あまり時間をかけず、その時の感情で書いているので、何を言っているのか分からない所が多々あると思いますが、その辺は勘弁してください。
ちなみに、アンケートの項目に時間をかけないと回答が出ないクロスワードがあると、一気に書く気が失せてしまうのは、なぜだろう?


昨日、DVDのカイジ(アニメ)を全巻借りて来ました。パチンコ好きの私自身の心理状態を分析できれば…

先生の作品のDVD出てませんか?
あったら買うんだけどなぁ~!!

では
【2011/07/19 08:45】 URL | ノラ #- [ 編集]


■ノラさん
漫画制作もデジタル化が進んでいる昨今
DTPというシステム(で良いんですかね?)の方が
何かと都合よくなってるのでしょうかね。
それにしてもオフセット印刷の方がやはり仕上がりがいいのですか。
同人の世界でよくよくオフセット印刷という言葉を聴くのですが
印刷の仕上がり具合や本のクオリティーにこだわりを残すああいう世界だと
やはりやはりオフセットが良い印刷方式なのですね。


アンケートは小生のところに来た分は欠かさず拝読させていただいてます。
定期的に届くものではないですし
小生の手元に全部来てるということは無いかもしれませんが…
アンケートの集計は確実に取っているようなので
一票が重いことには変わり無いのですが
描き手にアンケートを見せるというシステムは確立されてない上に
編集部によって対応もかなり違ってきますので
キチンとした流れを組んで開示するという事をしない方が
都合がいいのかもしれません。
男作家はそうでもないようですが
女作家はやはりその辺、気を使う対応が必要になるようです。
エロを手がける女作家も増えてきたので
読者からのご意見の取り扱いは益々慎重になってるかもですね。

アンケートにクロスワードがあるとやる気が失せる…
分かります。
編集としては人気のバロメーターにアンケートを使う事が多いですが
なかなか数字として目に見える即席のバロメーターが無い事が
そうさせてるんでしょうかね。
コミックなどの売り上げの数字はどうしても出版社としては
「コミックを出す」という冒険をしなければいけなくなりますし…
あとは電子書籍の売り上げですかね…
しかしたくさんのアンケートをとることを目標にするには
クロスワードのような手間はやめた方がいいと小生は思いますです。
ちょっとした得点かもしれませんが本末が転倒しかねない気もしますです。
あと…ネット投票をやるという手もあるかもしれませんですね。
まだ漫画の雑誌でやってる所は見たことありませんが
ネット配信が進んでる編集部…
コミックハイとかやってるかもですが…
あああ!!コミックハイって双葉…。
まぁ電子配信だとアクセス数がそのまま人気の数になりそうですね。


カイジ、ほとんど小生触れたことがない作品ですが
ホントよく聞きますですね。
いつか何かで触れてみよう…と思ってる作品です。
【ざわ…ざわ…】
は知ってるんですが…
アニメと映画…どっちが良い作品なのかも興味あります。

小生がかかわってるDVDはないですね…
何かしらの形で映像化されたら嬉しい限りなのですが…。
【2011/07/20 13:09】 URL | usi #3eQvvr92 [ 編集]

先生へ
職場の先輩に確認しました。
オフセット→印刷をするための版下を作って印刷をします。大量な印刷をするのに向いています。
版下を作るため、原稿の入構が早くなります。
ですので、原稿の納期が遅れると、版下の作成も遅れるため、製品の納期が間に合わない場合があります。スケジュールに余裕がある時や作業がスケジュール通り進行する仕事に向いています。

オンデマンド印刷→入構したデジタルデータをそのまま版下として使用することができます。
版下の作成がないので短いスケジュールで納品できます。
版下がないため、大量印刷をする場合、オフセットよりも品質が落ちるようです。

補則でした。
【2011/07/22 10:07】 URL | ノラ #- [ 編集]


■ノラさん
わざわざ先輩に聞いてくださってまで
情報ありがとうございます。
なるほど。凄く分かりやすかったです。
刷る数での影響もあるんですね…。
勉強になりました!!
【2011/07/22 19:36】 URL | usi #3eQvvr92 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://usiero.blog11.fc2.com/tb.php/425-feb2e33e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)