FC2ブログ
思いつ記

プロフィール

usi

  • Author:usi
  • 地下牧場「思いつ記」へようこそ



メニュー













単行本



電子書籍



Twitter



最新のコメント

  • 06/24:usi

  • 06/20:るかやか

  • 05/08:usi

  • 05/04:るかやか

  • 07/11:usi



メールフォーム

ご意見、ご感想などなどございましたら お気軽にお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

閲覧頂き、ありがとうございます。 管理者:usi



最近の記事



最近のトラックバック



拍手コメント一覧



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



当ブログについて

当ブログには
成年向けコンテンツが
含まれておりますので、
未成年者の閲覧を
禁止いたしております。
18歳以上で、学生でなく、
性的描写に嫌悪を
お持ちでない方のみが
閲覧可能といたしております。

当ブログへのリンク
についてはコチラ↓



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ

月間アーカイブ



カテゴリー



ヴィドック
★★★☆☆
ヴィドック <2枚組DTSプレミアムエディション> <初回2枚組仕様>
19世紀のフランスで実在したヒーロー、ヴィドックの冒険譚を描いたゴシックミステリー。
だそうです。
パッケージを見て魅かれました。
仮面に顔が映った人間は、必ず死ぬという文句がそうさせました。
とにかく、画面作りが綺麗です。
一枚絵にしても良いくらいの画面の作りでした。
独特の雰囲気をかもし出してます。
ガラス仮面のキャラもその雰囲気作りに貢献してるキャラに
仕上がってたと思います。
あ、小生、ヴィドッグってこのガラス仮面かと思ってたのですが、
探偵らしき人のほうがヴィドックだったのですね。
話の筋としては、そんなに特出する所は見当たらなかったと思います。
何かを考えさせられたとか、そういったテーマ性が前面に押し出されていた、
というようなものでもなく、かといって淡々としたものでもなく、
ヴィドックの死を解き明かしていくうちに、ガラス仮面の謎も解かれていくってな感じ以上でも以下でもなかったです。
特出すべきは、その世界観の作り、事に画面の作りが評価できました。

「続きを読む」からはネタバレありです。
正直ドラマの途中で落ちが見えました。
ガラス仮面は物語の運び役のお兄ちゃんでしょ・・・と・・・
が、この作品はどこかおとぎ話的な感じなので、
理屈は抜きでいいと思います。
そういった世界観作りがうまくいってたと思います。
しかし、やっぱりフランス映画、
必要なのかなぁと思える乳ポロリ有り。
でした。

この記事に対するコメント
実は気になっていた作品
(ノ゚д゚)ノ オオォォヴィドックのレヴュー!
映画の予告CMで見かけて以来、ずっと気になっていたんですが…借りるタイミングを逸して今日に至ります。
レヴューが見れる喜び♪ヽ(´┏∀┓`)ノ

全体的に黒と茶色がベースの映像で、まだ貴族社会がある頃の話で、不思議な画像処理だったのが気になった理由なんですが。
今度レンタルして観てみようと思います。( ´ ▽ ` )
【2005/06/26 00:36】 URL | 谷 #/CqJHN7I [ 編集]


うほ、レスありがとうございます。
不思議な感じの映像美でした。
その、映像が上手く世界観をだしてまして、
多少の不都合はクリアしてる感じです。
シナリオに目がいってしまう方には、
イマイチ感のあるかもしれませんが、
画面の作りはすばらしかったです。
【2005/06/26 10:07】 URL | usi #3eQvvr92 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://usiero.blog11.fc2.com/tb.php/35-9d7a7377
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)