FC2ブログ
思いつ記

プロフィール

usi

  • Author:usi
  • 地下牧場「思いつ記」へようこそ



メニュー













単行本



電子書籍



Twitter



最新のコメント

  • 11/03:

  • 06/24:usi

  • 06/20:るかやか

  • 05/08:usi

  • 05/04:るかやか



メールフォーム

ご意見、ご感想などなどございましたら お気軽にお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

閲覧頂き、ありがとうございます。 管理者:usi



最近の記事



最近のトラックバック



拍手コメント一覧



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



当ブログについて

当ブログには
成年向けコンテンツが
含まれておりますので、
未成年者の閲覧を
禁止いたしております。
18歳以上で、学生でなく、
性的描写に嫌悪を
お持ちでない方のみが
閲覧可能といたしております。

当ブログへのリンク
についてはコチラ↓



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ

月間アーカイブ



カテゴリー



二つの作品
2月の記事は2つしかない事に愕然…
いや…いまさらな感じもしますが…
しかも2月の記事は二つとも宣伝…あああぁ…
いや…それでいいとも思うのですけどね^^
歯医者に行ったり医者に言ったりと
そこそこネタはあったと思うのですが
落書きする時間が無くモンモンと…
で、取り急ぎ、落書き程度の時間を無理やりとって
今回のネタに…
この先も時間が取れない可能性が高いので
今のうちに…
で、本題です!!
神魂合体ゴーダンナー】というアニメ作品と
時をかける少女】というこれまたアニメ作品を見ました
どちらも面白かったです!!
この二つ、小生が見るに当たっての共通点は
見る前の《期待度》が低かったトコロです。
感想は「続きを読む」の方で…
で落書きなどしましたので…
gojpg.jpg
↑はゴーダンナーです^^
色をつけて背景に爆発とか背負わせて…
とか考えていたのですが…時間がありませんでした…
tokiwo.jpg
↑は時をかける少女の主人公のつもりで…
このおねえちゃん、元気でよかったです
劇中よくよく走り回っていた印象で、
走ってる姿を描きたくなりました^^
軽く色をつけましたです^^


まずは【神魂合体ゴーダンナー
何だ、このふざけたタイトルは…嫌いじゃないけど^^
出落ち的な作品なんだろうなぁ~…
と思って見始めた事は否定できません…
実際、前半部分目が行くのは乳揺れ、きわどいアングル
などなど過剰な萌えシーン…
オパーイ星人の小生にはバンザーイな絵のオンパレード
そこか!!そこだけを注目すればいい作品なのか!!
それはそれで小生的にOKだけど…
と、思わずにはいられませんでした
god.jpg
↑は乳揺れ万歳アニメにささげたい!!
と思い描いてしまいました^^
軽く色をつけました
さておき…が!!!特に後半になればなるほど
本編の面白さが増していく!!
小生がイイ!!と思ったところは演出などの暑苦しさに
反比例するようにそのテーマ性の部分は押し付けがましく
感じなかったトコロです
主人公に想いを寄せる人間それを取り巻く仲間たちに
それぞれ「生き方」というキャラクターをきちんと与え
しかし、それぞれの生き方を否定していない。
整然と見えるキャラでもちゃんと弱い部分や醜い部分を
見せて、それを劇中で爆発させている。
主人公との想いを遂げるためというミラの思いからくる
覚悟の部分の表現やその心情、お見事!!と思いました
静流が見せた、己の身が安全だと分かった時、
横で主人公が苦しんでいても
安心してしまった自分がいたことの告白、しびれました!!
そのほかにも色々と印象に残ったシーンは多かったです
そういったそれぞれが抱えた生き方やキャラクターを
否定せずエンディングを迎えたこの作品は、お見事!!
と、率直に思いました^^
熱い作品でした!!

んで【時をかける少女
何で今?しかもアニメ?と色々と疑問符を抱えつつ
しかし、前評判が凄くいいので見てみよう…
と思ってた作品です。
まもなくDVD販売も始まるので
それを待とうと思っていたのですが
近くの映画館で
ミニシアター上映大会なるものが始まってて
この作品も上映されていたので見ましたです^^
何故今なのか!!何故アニメだったのか!!
見終わった後、心に届きました!!
この作品は今という時期にアニメでやらないとダメだろう
という思いに変わっていました!!
もう兎に角見終わって胸にある思いは
「面白かった」です!!
シナリオと演出が特に好きでした!!
色々と疑問の残る部分はあったと思います
しかし、その部分を補ってあまる面白さがありました!!
知らない間に感情移入させられてしまっていました
思い通りになるはずのタイムリープを操っても
どこかに歪が生じてしまう歯がゆさ…
他者があるからやってはいけない事がある…
人のことを思うということは…
積み重ねる思いというものは…
時間を巻き戻しても募るものがあったり…
色々なものが表現されていたと思います
笑わせてくれるところはきちんとそうなってて
哀愁部分もきちんとそれを感じさせてくれるように
見事な演出だったと思います。
もう一度、いや何度か見てみたいと
思ってしまった作品でした^^

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://usiero.blog11.fc2.com/tb.php/240-e53a71e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)