FC2ブログ
思いつ記

プロフィール

usi

  • Author:usi
  • 地下牧場「思いつ記」へようこそ



メニュー













単行本



電子書籍



Twitter



最新のコメント

  • 06/24:usi

  • 06/20:るかやか

  • 05/08:usi

  • 05/04:るかやか

  • 07/11:usi



メールフォーム

ご意見、ご感想などなどございましたら お気軽にお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

閲覧頂き、ありがとうございます。 管理者:usi



最近の記事



最近のトラックバック



拍手コメント一覧



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



当ブログについて

当ブログには
成年向けコンテンツが
含まれておりますので、
未成年者の閲覧を
禁止いたしております。
18歳以上で、学生でなく、
性的描写に嫌悪を
お持ちでない方のみが
閲覧可能といたしております。

当ブログへのリンク
についてはコチラ↓



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ

月間アーカイブ



カテゴリー



妖怪大戦争
★★★☆☆
妖怪大戦争 DTSスペシャル・エディション<初回限定生産2枚組> ◆20%OFF!
加藤が率いるメカ妖怪(?)から日本を救え!!というお話。かな^^
子供向けの作品というか、お話でした。
いや…それでよかったと思います^^
子供が主人公だったのですが、変に英雄に描かれてなかったのも、よかったと思います。
戦ってるときも、主役の子供がかっこよく戦っているというより、
その子供が使う剣が力を発揮しているといった感じでしたし、
それに振り回されながら戦っている姿、声が結構よかったですね^^
下手なヒーローに仕立てなかったところは好感が持てました。
また、妖怪たちも戦う(戦争)をしているわけじゃないというところも
いい感じでした。
主人公の子供が妖怪たちを引き連れて…なんて展開になると、
ただの愚かしいヒーロー願望映画になって興ざめしてしまうところでした。
妖怪たちが皆、戦うことを嫌がり、ともに戦う仲間が集まらない所などは、見てて面白かったです。
ところで、敵の加藤保憲ってあの帝都物語の…と思ってしまいましたが、
キャラを拝借しただけで関係ないみたいですね^^
さて、子供向けなので、時折笑えるノリで作ってあるところもあります。
演じてるキャラが妖怪なのでそんなに違和感なくそのノリは受け入れられました。
そういった部分もお気楽に見る分にはそれなりに楽しめる作品だと思いますが、
小生的にはCGにちょっとがっかりでした。
あまりにも露骨にそうだとわかってしまう出来でした。
特にCGとそうでないところの差が見えすぎて、気持ち悪く、違和感まみれで見えないこともなかったです。
あと、エピソードごとの掘り下げがいまいちだったと思います。
いろいろ盛り込みすぎて、全体がうすくなちゃったという感じがします。
落ちに少年は大人になる、といったところを持ってくることで、この物語は子供にしか見えない、わからないファンタジーである。という感じに締めくくっているのですが、どうせならソコに焦点を持ってくる形のシナリオにしたほうがよかったのではないかな…と思えました。
妖怪たちは、それぞれの役目を持った子供(小豆洗いはとことん小豆にこだわるといった…)という風に描かれていまして、その子供がごっご遊びをしている感じなのです。
なので、きちんと戦争はしない。
そこはそれで実によかったと思います。
その中でそれぞれが自分のエゴの動機で物語りは高まっていくのですが、そんな仲間に加わった人間である主人公も、仲良くなった妖怪すねこすりを助けたいという自分の思いのみで戦います。
しかし、人は大人になると妖怪を認識できない、見えないという設定です。
なればこそ、少年が大人に近づくにつれ、妖怪たちが見えなくなるといったエピソードがほしかったです。
なにかワンエピソード省いてでも…
落ちに持ってきた、大人になることでの充実とその分無くしてしまうモノの大きさや寂しさは少年自らが選んだ、もしくは人はそうでなくては生きられない業みたいなものがある、と締めくくるには必要だったエピソードじゃないかな…と思ってしまうところもありました。
もうひとつ思ったこと、川姫とアギの女妖怪、エロいです^^

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://usiero.blog11.fc2.com/tb.php/204-96bca151
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)