FC2ブログ
思いつ記

プロフィール

usi

  • Author:usi
  • 地下牧場「思いつ記」へようこそ



メニュー













単行本



電子書籍



Twitter



最新のコメント

  • 06/24:usi

  • 06/20:るかやか

  • 05/08:usi

  • 05/04:るかやか

  • 07/11:usi



メールフォーム

ご意見、ご感想などなどございましたら お気軽にお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

閲覧頂き、ありがとうございます。 管理者:usi



最近の記事



最近のトラックバック



拍手コメント一覧



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



当ブログについて

当ブログには
成年向けコンテンツが
含まれておりますので、
未成年者の閲覧を
禁止いたしております。
18歳以上で、学生でなく、
性的描写に嫌悪を
お持ちでない方のみが
閲覧可能といたしております。

当ブログへのリンク
についてはコチラ↓



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ

月間アーカイブ



カテゴリー



アレキサンダー
usi評価:★★★☆☆
アレキサンダー
ずばり、あのアレキサンダー大王の生涯を描いたお話。
オリバー・ストーン監督が200億をかけて撮った作品らしいです。
古代西洋史に興味のある方、好きな方には、面白い作品だったのでは無いでしょうか。
小生は「よくある」と思ったのですが、歴史上の人物、かなり偉大とされている人物を、偉大なまま描かず、内面の人間性などを表現しつつ、史上にもとずいてドラマを勧めていく、と言う手法で描いていました。
あの、歴史上の人物をこう表現したか!?というところも見所になっているようです。
そうする事で、描いた人物にリアリティーを持たせてると思います。
自分の両親が自分に影響をもたらした事とか、
時代的にはよくあることらしいなのですが、共に戦う事で生まれる友情をこし、その感情が愛情になっていき、ホモ・セクシュアルな部分の表現もよい表現だったと思います。
さらに、仲間、と言うか部下たちを信じきれない心情、過ぎた夢についていけなくなる兵士達、そこから来る、仲たがい、裏切り、などなど・・・・・
よく描いていたと思います。
それと、スケール感の伝わる戦闘シーンも見所でした。
東方遠征を行う事で、色々な部族と言いますか、文化の違う民族が出てきて、
その違う文化ごとに違って描かれる、武器や甲冑も面白かったです。
が!!!!!!!
何故でしょう・・・あまり楽しめませんでした。
もちろん小生が古代西洋史に疎い、というのがかなり大きいと思いますが、それにしても、ちょっとアキの来る作品でした。
時間が長いと言うのもあると思います。3時間弱の尺は長すぎました。
ところどころ、おお!!と思う映像表現や展開はありました。
それでも、尺分持たせるのはきつかったかと思います。
正直な感想といたしましては、名作を作ろうと力が入りすぎ、失敗?
と思ってしまいました。
アレクサンダー役のコリン・ファレルとその母役アンジェリーナの実年が1歳しか違わないのに、親子に見えなくも無い・・・・・所とか面白かったですかね^^


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://usiero.blog11.fc2.com/tb.php/182-ae05f2d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)