FC2ブログ
思いつ記

プロフィール

usi

  • Author:usi
  • 地下牧場「思いつ記」へようこそ



メニュー













単行本



電子書籍



Twitter



最新のコメント

  • 06/24:usi

  • 06/20:るかやか

  • 05/08:usi

  • 05/04:るかやか

  • 07/11:usi



メールフォーム

ご意見、ご感想などなどございましたら お気軽にお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

閲覧頂き、ありがとうございます。 管理者:usi



最近の記事



最近のトラックバック



拍手コメント一覧



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



当ブログについて

当ブログには
成年向けコンテンツが
含まれておりますので、
未成年者の閲覧を
禁止いたしております。
18歳以上で、学生でなく、
性的描写に嫌悪を
お持ちでない方のみが
閲覧可能といたしております。

当ブログへのリンク
についてはコチラ↓



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ

月間アーカイブ



カテゴリー



いま、会いにゆきます
usi評価★★★★☆
『いま、会いにゆきます』スタンダード・エディション【SDV-15191D】=>18%OFF!『いま、会いに...
死んだはずの妻が梅雨の時期だけ戻ってくるお話。
いやいやいや・・・面白かったです。
役者さんの演技が良かったです。
シナリオも良く出来ていたと思います。
コレといって目立った特撮とかある物語ではなかったのですが、誰にでもあるような「心の揺れ」をきちんと描いて、誰でも見れるような作品に昇華させていたと思います。
が・・・・小生、見る前に情報入れすぎました。
その所為で、周りが言うほど泣ける、という事はありませんでした。
劇中、蹴躓いたような流れがいくつかあり、ん?と思っていたのですが、最後の種明かしを見て納得。
そういう構成になっていたのですね。
見ていて、お見事だなぁ~と思ったのは、雨。
普段はうっとうしいと思っている小生ですが、劇中、晴れてくるシーンを見ると、晴れるなぁ!!と思わされました。
はじめ、天気を伝える森田さんを良いヤツと思えていたのですが、
梅雨が晴れることを伝える森田さんのなんと憎憎しい事・・・(いや、もちろん劇中でにお話です)
雨よ降れ!!と思わず願いました。
小生、恋愛モノって苦手なのですが、この作品は、そのあり方が、素朴だからなのか、素直に受け入れられた感じです。
もちろん男女間の愛だけではなく、家族愛(といっても大家族ではなく核家族)、というものも、大きなシェアをしめてます。
キャラすべてが、そこに在ることが自然に思えます。
そして、存在の素朴さが世界観を完成させている、といった感じで、意味を与えてる感覚でした。
SF的要素、タイムスリップという設定を持ち込んでますが、そこに語られているのは、今という時代があって初めて完成した物語に思えました。
大家族だった昔では、完成しない世界観。
生きることに弱くなっている人という存在。それに対する共感。
阿吽の呼吸で物事を分からせるのではなく、個人というものを大事にする時代だからこそ分かる、それぞれの事情、心情があるからこそ魅せられる構成。
いろんな所でお見事でした。

「続きを読む」からはネタバレアリです。
________________________________
とにかく、役者の演技、子役を含めて、良かったです。
生きていく力の弱い主人公という役どころも見事でしたし、
その妻も、実にかわいらしく撮れてました。
後半、推理もののようなネタあかし的なエピソードがあります。
前半で、本編の流れ、妻が6週間の間、蘇り、夫とすごすお話。
この時、主人公とその妻の出会いが語られます。
夫が生きる力を弱めていくという事も語られます。
もちろん、この時引かなければいけない複線アリアリで、蹴躓いたような、ご都合主義的な展開になります。
で、ヒロインが去ってから、日記という形で、そのとき彼女はどう思ったか、どうしてそのような行動をとったのか、と語られます。
その、二つの物語を足して、完結します。
手法としては、目新しいといえるほどの事はないと思いますが、そこに描かれるエピソードが良かったんだと思います。
自然であり、しかし不自然を感じさせる夫側からのエピソードが上手かったんですかね^^
しかし・・・・小生としては、種明かしは彼女の去る前に持ってきたほうが良かったと思ってしまいました。
そのほうが、出て来るキャラすべてが納得したセリフなどが聞けたのではないかなぁ・・・・と思ったりしました。
まぁ・・・そうすると、わざとらしい構成になっちゃうだけだったかも知れませんね・・・・・
完全無欠に完成している感じではなく、つつけば壊れそうな危うさを持ったフィルム、だからこその魅力もあったのかもしれません。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://usiero.blog11.fc2.com/tb.php/141-5afe8628
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いま、会いにゆきます

 って映画知ってる?知ってるよね?普通の人は・・この映画昨日見たんだけど・・なんなのコレ????  んなんか目的でも在るの この俺を泣かそうって言うさぁ~なんなんだよ??この映画なんでそんなに俺を泣かせる訳 スゲーよコレ32歳にもなって大声出.... Mr.よんとん会【2005/11/02 22:37】

【いま、会いにゆきます】観ました。

今頃見ました~。この映画、ずっと「黄泉がえり」の二番煎じだと思ってました。同じTBS映画だし。主演は草なぎ氏だけど、ヒロインは同じ竹内結子というモロかぶり具合。「黄泉がえり」もTBS映画としては良く出来てたし、面白かったけどTVのスペシャルドラマでも良かったん.. うりサイロ【2005/11/07 01:20】