FC2ブログ
思いつ記

プロフィール

usi

  • Author:usi
  • 地下牧場「思いつ記」へようこそ



メニュー













単行本



電子書籍



Twitter



最新のコメント

  • 06/24:usi

  • 06/20:るかやか

  • 05/08:usi

  • 05/04:るかやか

  • 07/11:usi



メールフォーム

ご意見、ご感想などなどございましたら お気軽にお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

閲覧頂き、ありがとうございます。 管理者:usi



最近の記事



最近のトラックバック



拍手コメント一覧



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



当ブログについて

当ブログには
成年向けコンテンツが
含まれておりますので、
未成年者の閲覧を
禁止いたしております。
18歳以上で、学生でなく、
性的描写に嫌悪を
お持ちでない方のみが
閲覧可能といたしております。

当ブログへのリンク
についてはコチラ↓



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ

月間アーカイブ



カテゴリー



成人向けジャンルのマーク
う~~~…どうにも…
通院日に病院で風邪をもらってきたみたいです。
通院日の次の日、何か体が重いな~…
と感じていたんですが…。
その次の日、本格的に症状が表れました…。

急いで薬局へ行って、今、小生が飲んでいる薬と
副作用の面などでかち合わない薬を
おくすり手帳》を見せてお願いしました。

■《おくすり手帳》と言うのは
自分が飲んでいるおくすりの名前、量、飲み方、使用法、注意事項管理の仕方などを記録しておく手帳です。
薬局では、この手帳に書かれた内容により「おくすりの飲み合わせに問題はないか」「同じおくすりが重複して処方されていないか」などを確認することができます。いろいろな医療機関にかかった場合でも、適切な処方を受けられるのでとても便利です。
また、「おくすり手帳」は、病院・薬局に行く時だけではなく、ふだんも持ち歩くようにしましょう。地震などの災害が起きたときや緊急を要するときには必要なおくすりが正確にわかり、ふだんどおりにおくすりを飲むための手助けとなります。とくに高齢者の場合は、「おくすり手帳」を見てご家族の方もいっしょにおくすりの管理ができます。

CIMG0588.jpg
と言うものです。
なので小生いつも持ち歩いております^^
これで何時事故などにあっても
変な薬を投薬されずにすむと言うわけです^^
…事故にあわない事、が大事ですが…。


が!!一軒目!!
マジマジと《おくすり手帳》を見つつ…
「医師の方とご相談なさってください」との事…
いやだから…ココ薬局でしょ!?あんた薬剤師じゃないの?
「医師の方とご相談なさってください」なんて
薬剤師じゃなくても言えるわ!!
何のために《お薬手帳》を持ってると思ってるんだぁ!!!
と、言おうかとも思ったのですが…
ダメだ…ココじゃ埒が明かないと瞬時に判断!!
そうですか、それじゃ…とその店を出ました。

違う薬局にて同じ事をお願いしたところ…
同じく、《おくすり手帳》をマジマジと見て
「風邪はひきはじめですか?…なるほど…
 でしたらコチラがよろしいですよ。
 副作用の心配もありません」
…と、あっさり判断!!こっちの薬剤師さんは本物だ!!
そのお勧めの薬を購入。今、療養に勤めております^^


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
さてさて…そんな近況はさておき…なのですが…
ココから本題!!(遅っ!!)
成人向けジャンルのマークの明記の波が
同人誌の世界にも流れて来ているようです…。
(話変わりすぎですね…)
成人向け同人誌】というマークを付けよう!!
と言う物らしいです。
小生、詳しくはよく判らないのですが
日本同人誌印刷業組合と言うところが
呼びかけているんですかね?
ココに詳しく書いてあります。
で…商業誌のコミックについている黄色いマークには
成年コミック
というものがついてます。
んで、この同人誌のほうにつけるマークのテンプレでは
成人向同人誌
成人向コミック】
【ADULT COMICS】

の3つが用意されています。
…『成年』『成人』…何か違うんですかね…
mmmmm.jpg
フッと思った事です…
これから小生も成人向けジャンルのお絵かきなどに
このマークをつけようかな~…と思ったりしております^^
rararararara.jpg
で、貼ってみました^^
今後『成人向け』と『成年』の違いなど分かれば
使い分けてみようとも思っております。
raku.jpg
オトコは下半身が露呈してなければ
いいですよね…。


[続きを読む...]