FC2ブログ
思いつ記

プロフィール

usi

  • Author:usi
  • 地下牧場「思いつ記」へようこそ



メニュー













単行本



電子書籍



Twitter



最新のコメント

  • 06/24:usi

  • 06/20:るかやか

  • 05/08:usi

  • 05/04:るかやか

  • 07/11:usi



メールフォーム

ご意見、ご感想などなどございましたら お気軽にお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

閲覧頂き、ありがとうございます。 管理者:usi



最近の記事



最近のトラックバック



拍手コメント一覧



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



当ブログについて

当ブログには
成年向けコンテンツが
含まれておりますので、
未成年者の閲覧を
禁止いたしております。
18歳以上で、学生でなく、
性的描写に嫌悪を
お持ちでない方のみが
閲覧可能といたしております。

当ブログへのリンク
についてはコチラ↓



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ

月間アーカイブ



カテゴリー



いま、会いにゆきます
usi評価★★★★☆
『いま、会いにゆきます』スタンダード・エディション【SDV-15191D】=>18%OFF!『いま、会いに...
死んだはずの妻が梅雨の時期だけ戻ってくるお話。
いやいやいや・・・面白かったです。
役者さんの演技が良かったです。
シナリオも良く出来ていたと思います。
コレといって目立った特撮とかある物語ではなかったのですが、誰にでもあるような「心の揺れ」をきちんと描いて、誰でも見れるような作品に昇華させていたと思います。
が・・・・小生、見る前に情報入れすぎました。
その所為で、周りが言うほど泣ける、という事はありませんでした。
劇中、蹴躓いたような流れがいくつかあり、ん?と思っていたのですが、最後の種明かしを見て納得。
そういう構成になっていたのですね。
見ていて、お見事だなぁ~と思ったのは、雨。
普段はうっとうしいと思っている小生ですが、劇中、晴れてくるシーンを見ると、晴れるなぁ!!と思わされました。
はじめ、天気を伝える森田さんを良いヤツと思えていたのですが、
梅雨が晴れることを伝える森田さんのなんと憎憎しい事・・・(いや、もちろん劇中でにお話です)
雨よ降れ!!と思わず願いました。
小生、恋愛モノって苦手なのですが、この作品は、そのあり方が、素朴だからなのか、素直に受け入れられた感じです。
もちろん男女間の愛だけではなく、家族愛(といっても大家族ではなく核家族)、というものも、大きなシェアをしめてます。
キャラすべてが、そこに在ることが自然に思えます。
そして、存在の素朴さが世界観を完成させている、といった感じで、意味を与えてる感覚でした。
SF的要素、タイムスリップという設定を持ち込んでますが、そこに語られているのは、今という時代があって初めて完成した物語に思えました。
大家族だった昔では、完成しない世界観。
生きることに弱くなっている人という存在。それに対する共感。
阿吽の呼吸で物事を分からせるのではなく、個人というものを大事にする時代だからこそ分かる、それぞれの事情、心情があるからこそ魅せられる構成。
いろんな所でお見事でした。

「続きを読む」からはネタバレアリです。
________________________________
[続きを読む...]
ジュラシック・パーク
★★★★☆
【2005年10月7日発売】ジュラシック・パーク トリロジー・ボックス(4枚組)※低価格化
恐竜を復活させ、テーマパークを作ろうとするお話。
1993年の作品なのですね・・・・つい最近のような感覚でした。
10年以上前に撮られたのに、すばらしい映像です。
ココまで恐竜に存在感を与え、かつリアルに表現したものは、まず無いと思います。
過去、何度もみた作品なのですが、始めてみた時の鳥肌が立ちそうな感覚は薄れてますが、やはり、恐竜の表現には感服します。
劇中のテンポも良く、テーマなどもしっかり描かれてて、良作です。
ただ、この作品は有名になりすぎた所為で、見る側が何を求めるかで、評価が随分と変るようです。
単純な娯楽作品として見れない方には、お勧め出来ないと思います。
と、言うくらいエンターテイメントな作品に仕上がってると感じます。

スリーピー・ホロウ
★★★★☆
スリーピー・ホロウ DTS EDITION ◆20%OFF!
1799年、スリーピーホロウと言う村でおきた"首なし"連続殺人事件を解明していくお話。
丁寧な作りの映画でした。良作です。
雰囲気など独特のモノをかもし出すのに成功してます。
シナリオ的には暗いお話一直線になりそうなのに、キャラクターを立てることによって、ただただ暗くなっていくのにブレーキがかかってて、見やすかったです。
映画として、良いバランスが取れてたと思います。
あとは好みで、小生、あの世界観好きです。ので、苦手な方は★-1してください。
ただ、ただ残念な点はあります。主人公は科学的に事件を解決しようとするのですが、オカルトはあり、としてしまってるため、科学では解明できない事が起こりまくります。
その点において、主人公の葛藤とかをもっと描いてほしかった、というのと、オカルトありきで犯人探しをするので、サスペンス的な要素が薄れて感じました。幼稚に見えなくもない・・・というのが残念でした。
もちろん、うまく組み立ててありましたので、そんなに気にならないと思いますが・・・・
あと、結構スプラッタなカットがありましたので、その辺にがての方は注意が必要だと思います。

「続きを読む」からはネタバレです。
________________________________
[続きを読む...]
ヘルボーイ
★★★★☆
ヘルボーイデラックス・コレクターズ・エディション[2枚組]
悪魔の子、ヘルボーイが極秘の超常現象調査防衛局(BPRD)のエージェントとして異界からの侵略者たちと日夜死闘を繰り広げる。
というお話。
このごろ多いアメコミからの映画です。
この作品、シナリオ重視の方には物足りないと思われます。
原作のコアなファンの方も賛否分かれるでしょう。
キャラに魅かれない方も、だと思います。
そんな方は★一個落としてください。
で、小生が魅かれたのが、キャラのたち方でした。
主人公は言うに及ばず、回りのキャラもちゃんとたってました。
主人公のヘルボーイは人間ではない身でありながら、超常現象学者ブルーム教授によって大切に育てられた事により、きちんと人間してる所が良かったです。
VFXもきちんと作ってあって、見ごたえもありました。
残念なのは、シナリオ部分でしょうか。
特に最後が少々尻つぼみでした。
中盤の描き方も、ちょっとだれる所があったかな・・・・
しかし、この手の作品はいかにキャラをたて、見てる側をあきさせないテンポ、画面作り、が勝負だと思います。
その点ではもう合格点以上だと思います。

「続きを読む」からはネタバレありです。
________________________________
[続きを読む...]
スウィング・ガールズ
★★★★☆
スウィングガールズ スタンダード・エディション
田舎娘がジャズバンドやるお話。
レビュー書く前にお断り。
小生「ウォーターボーイズ」見てません。
ので、よくよく比較されるこの2本の、比較できませんので、
「スウィング・ガールズ」しか見てないと言う前提で、お読みください。
まず思ったのは、セーラー服ファンの方、女子高生のファンの方、
にはたまらないんじゃ・・・
それなりに可愛いく見える女の子たちが、セーラー服でガシガシ出てきます。
女子高生ってカテゴリで見ても、変にリアルすぎず、かといって、エロ漫画に出てくるような、男の都合でできたキャラってわけでもなく、程よい湯加減って感じでした。

キャラの作りが上手かったですね。
一人一人がちゃんとたってる感じがします。
ありふれたシナリオっぽいのですが、キャラの作りと、それを支える舞台作り、などに魅力を感じます。
こういう雰囲気を出せる作り手には、つくづく魅了させてしまいます。
見終わった後何かしらすがすがしさが残る作品でした。

「続きを見る」からはネタバレありです。
______________________________
[続きを読む...]
海猿
★★★★☆
海猿 スタンダード・エディション
海上保安庁の話・・・
淡白な書きかたですが、一言で言えばこうじゃないかと思います。
といっても、海上保安庁の中身など知らなかった小生には、
なかなか楽しめました。
演出、というか、撮り方なのかな・・・が、
踊る大走査線のスタッフがやってるだけあって、
随所にその片鱗が見て取れた感じがします。
小生はこのテイストが嫌いじゃないので、良かったです。
時折、古臭いような所とか、青春っぽ過ぎと思う所もありましたが
それを差し引いても、面白かったです。

「続きを読む」からはネタバレありです。
[続きを読む...]